昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/10/20

若き池山の初々しいインタビュー

――身長と体重、靴のサイズを教えてください。

池山 身長は184・5センチ。体重76キロ、靴のサイズは26・5か、27です。

――血液型は何ですか?

池山 AB型です。

――出身地はどちらでしょう?

池山 兵庫県の尼崎市です。

 ……ゆるい、ゆるすぎるインタビューだ(笑)。(あれ? 前に聞いたときはもっと面白かった印象があったのに……)。僕は内心でとまどいを隠せない。好きな食べ物は「カレーライス」で、嫌いな食べ物は「疲れたときの骨魚」といった(どうでもいい)受け答えが延々と続く。それでも、(我慢して)聞き続けていく。

――好きなアーティストは誰ですか?

池山 アーティストっていうのは何ですか? あっ、歌手? 日本人で言えばユーミンとか、杏里さんとか、ああいう系統の音楽が好きです。

――ライバルは誰ですか?

池山 ライバルっていうか、負けたくないのはパ・リーグだと清原クンとかいますけど、やはりセ・リーグでは落合さんになるんかな?

――目標とする選手を教えてください。

池山 そうですね、西武の秋山さんみたいに、打って、走って、守ってがベストだろうと思うんですね。僕が見て、「なれないんかな」と思う選手は秋山さんですね。

 落合博満をライバルだと思い、秋山幸二を目標にしていたとは知らなかった。それにしても、ゆるすぎる。結局、最後まで聞いたけど目ぼしい問答は皆無だった(笑)。ということで引退直後に発売された『池山隆寛のブンブンブン! 夢、ありがとう――プロ野球栄光と挫折の19年――』(小学館)を取り出す。こちらは、引退直後の生々しい心境が吐露されていて読み応えがある。あとがきから引用したい。

『3冠のうちの1つは必ず取る! ツバメ軍団の主砲 池山隆寛』と『池山隆寛のブンブンブン! 夢、ありがとう――プロ野球栄光と挫折の19年――』 ©長谷川晶一

〈ぼくは引退セレモニーで「必ず皆さんの前に戻ってきます」と宣言した。その意味はもちろん、まずはコーチとなり、それを経て最終的には監督になりたい、ということだ。(中略)いつか必ずユニフォームを着て、監督として皆さんの前に戻ってきます。そのときを楽しみに待っていて下さい〉

 高らかに「監督復帰宣言」をしているのである。今回の二軍監督就任は、来るべき輝かしい将来への布石なのだ。2029年に高津臣吾監督V10達成で勇退後、満を持して池山が一軍監督に就任。それが、現在の僕が描く現実的(!)な青写真だ。この本のラストは次の言葉で結ばれている。

〈誰よりも、ぼく自身がそのときがくることを一番楽しみにしている〉

 おーっ、何と希望に満ちた言葉であることか。もちろん僕も楽しみにしているぞ! 高津・池山体制で臨む2020年の東京ヤクルトスワローズ。昨日の高津監督のコラムで書いたように、やはり、「希望」という言葉しか浮かばない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム 日本シリーズ2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/14452 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー
z