昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「家族とずっと一緒」というストレスには……

 コロナ禍で、憂鬱感を引き起こしている原因の一つに家庭内の環境の変化が挙げられるだろう。

 在宅勤務や休校などの影響で、これまで以上に家で家族と過ごす時間は増えている。普段はあまりいない夫や妻が常に家にいる。家で仕事をしなければならないのに、小さな子供がいて集中できない。

 外出自粛要請下、このように家族との関係に悩む人々もいるだろう。

 そんな人々に、岩波氏は共同作業を勧める。

©iStock.com

 たとえば、夫婦や家族で一緒に料理を作ってみてはどうだろう。実際、鬱病の患者さんに対し、一緒に何かをやってもらう作業療法があるという。共同作業がお互いへの信頼感を育むことはもちろん、作業自体が自粛生活の気分転換にもなる。

「ある意味この状況は関係修復のチャンスでもあるわけですが、もう手遅れだという場合は……とにかく会わないようにする(笑)。時間をずらして交互に散歩に出るとか、息の詰まらない工夫をしましょう」

出典:「文藝春秋」6月号

 さらに、ひとり暮らしの孤立感にどう立ち向かえばいいのか、今後コロナが収束に向かっていったときに気を付けるべきことなど、岩波氏による「『コロナ鬱』にならない外出自粛生活術」は「文藝春秋」6月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー