昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

朝起きたら、自宅に死体が転がっていた…大島てるが語る「事故物件化する家の“不幸な共通点”」

事故物件サイト運営人が明かす「死を引き寄せる物件」 #1

2020/07/12

 事故物件というと、「予期せぬ事件や事故が、運悪く起きてしまった物件」とのイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、日本中の事故物件の情報を集めていると、そこに何らかの共通点を見いだせることがあります。

 他の物件と比べると、なぜか高確率で事故物件化してしまう――。世の中には、そんな不幸なパターンが存在するのです。そこで今回は、「死を引き寄せる物件」の特徴についてお話ししましょう。(全2回の1回目/後編に続く

©iStock.com

豪邸の庭で見つかった“白骨死体”

 今回のテーマを語る上で、外せないのは愛知県です。不思議と愛知県には、「事故物件になりやすいパターン」を見ていく際に、参考になる事例が多いのです。

 名古屋有数の繁華街といえば「栄」ですが、そのすぐ近くの屋敷では、5年ほど前に男性の白骨死体が見つかる、という奇妙な事件がありました。そこは、庭に背の高いシュロの木が生えている豪邸で、名古屋の中心部にこんな家があるのか……と思ってしまうほど、立派な“お屋敷”でした。

 ただ、興味深いのは、その死体発見までの経緯です。白骨死体を見つけたのは住人でも警察でもなく、庭木の剪定にきていた業者でした。業者が作業中に、庭でスーツを着た男性の遺体を発見。目立った外傷はなかったものの、遺体は白骨化し、身元がわからなくなっていたのです。

©iStock.com 写真はイメージです

男性の身に何が起きたのか?

 その男性は、なぜ屋敷の庭で白骨化してしまったのか。まず疑いたくなるのは、家の住人が何らかの事情を知っているのではないか、ということでしょう。しかし、仮にそうであれば、住人は庭に埋めるなり、どこかに隠すなり、遺体が発見されないようにする工作を、いくらでもできたはずです。

 しかし、遺体は無防備にも庭に放置され、剪定にきた業者に簡単に見つかってしまうような状態でした。その家の庭は非常に広く、報道によると、遺体が発見された一角は住人も普段立ち寄らないようなスペースだったようです。

 そこから考えられるのは、次のようなシナリオです。