昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/09/19

呑みに誘われた女性のマンションで……西遊記御一行様の珍事件

 もうひとつ、岸部さんが『西遊記』絡みで味わったという毛色の違う“恐い思い”をご紹介しよう。いつものように撮影が終わり、堺さん、西田さんと六本木で呑んでいた岸部さん。『西遊記』ファンというひとりの若い女性が声をかけてきた。当然大いに盛り上がるが、その美麗な女性が「続きはうちで呑みませんか?」と誘ってきたそうな。アルコールの勢いも手伝って3人はその女性のマンションへ。

『西遊記』で猪八戒を演じた西田敏行さん。© 文藝春秋

 しばし呑んだところへ、なんと、その女性の彼氏が帰って来た。当然彼氏は「何やってんの?」となり、彼女にも「お前も何やってんだ!?」と怒りケンカが始まった。堺さんと岸部さんは「すいません!」とすごすごと退散。だがそのとき、西田さんは上機嫌でお風呂場に……! すっかり気持ちがよくなった西田さん、酔い覚ましの意味もあってお風呂を借りていたのだという。そんな修羅場も知らずに上がってきた西田さん、一変した状況にようやく気づき、平謝りで慌てて外へ飛び出した……! その後、このカップルがどうなったかは分からない。

 なんとも豪快というか、昭和ならではの逸話といえよう。このお話は、堺さん、西田さんともに忘れられない思い出として、バラエティ番組等で『西遊記』の話題が上るたびに語られており、『西遊記』DVD BOX Iの特典座談会にも収められているので、ご興味を持たれた方はご本人たちの証言をぜひ! ご覧ください。

そこに行けばどんな夢も叶うという……ガンダーラへ旅発った岸部さん

 そんな恐い思い(?)の数々も、翌朝、撮影現場で三蔵法師役の夏目雅子さんに会えば、吹っ飛んでいたという。いや、岸部さんだけでなく、堺さんも西田さんも夏目さんのことが大好きで、皆で半ばふざけて、半ば本気で夏目さんのことを口説いていたそうだ。御三方のお気持ちは重々理解できる。

 その後、日本テレビ系の朝のワイドショー『ルックルックこんにちは』で名司会者ぶり(’84~’98年)を発揮。財テクで有名になったかと思えば、一転、借金王になったりと波乱万丈の人生を送った岸部さん。

 今は、だいぶ先に西方浄土へ旅発った三蔵法師こと夏目雅子さんと再会されて、今生の疲れを癒されていることだろう。きっと、二代目猪八戒役の左とん平さんや、三蔵の白馬・玉竜役を演じていたおヒョイさんこと藤村俊二さんも一緒に違いない。

 この世ではもう二度と揃うことのない、『西遊記』ゴールデンメンバー。またひとり旅発った、沙悟浄こと岸部さんを、ゴダイゴの名曲「ガンダーラ」を聞きながら偲びたいと思う。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー