昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

夫をDVで通報 熊田曜子が元カレとも“警察トラブル”に

 5月18日未明、会社経営者の夫から暴行を受けたとして警察に通報したタレントの熊田曜子(39)。逮捕された夫は熊田の“不貞疑惑”を追及した際に「顔に手が当たっただけ」として暴行を否定し、二日後に釈放されたが、今も捜査は続いている。その熊田が以前交際していた男性とも“警察トラブル”になっていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

熊田曜子 ©文藝春秋

 熊田が夫と知り合う直前まで交際していたX氏が語る。

「彼女とはそれまで仕事だけの付き合いでしたが、食事をして遅くなったときに、『家にくれば?』と誘われました。母親と住んでいたのは知っていたので、何もないだろうと中目黒のマンションに付いて行き、床で寝ようとしたら『そんなとこにいないで、こっちに来たら』とベッドに呼ばれて。背中を向けていたら抱き着いてきたので、そのまま身体の関係を持ち、交際が始まりました」

 熊田とは2011年2月まで10カ月ほど交際し、その間は何度も熊田の家を訪れ、メールで頻繁にやり取りしていたという。

 熊田と別れることになるきっかけは、こんなトラブルだった。

「彼女の携帯を見た時に、有名企業の社長や、民放のディレクターらとの親密なやり取りがあったのです。それを追及すると、『んなわけないじゃん』と。何度か話し合っていましたが、最後は私もかなり厳しく問い詰めた。すると彼女は家を飛び出して、近くの目黒警察署に駆け込んだのです。そこで警察からもう近づかないようにと警告を受けました。今回の夫との件も、僕と同じだなと……」(同前)

熊田が元カレに送ったメール

 熊田の所属事務所に事実確認を行うと、代理人の弁護士が回答した。

「(X氏について)目黒警察へ被害相談した事実はございます。熊田に対しストーカー行為を行っていたため、当該ストーカー行為について被害相談を行ったもので、ご質問にあるように交際相手に浮気を疑われた等を理由とするものではございません。なお、今から約5、6年前に、X氏から熊田の夫であるA氏(回答は実名)に対し、Facebookのメッセンジャーでコンタクトがあったことから、その際には高輪警察署に相談し、高輪警察署からX氏に対し、熊田への接近を禁止する措置をとってもらったとのことです」

 X氏に、警察からの接近禁止措置の内容について確認したところ、こう語った。

「2019年1月24日に警察から警告書が送られてきました。そこには『平成22年5月頃から●●(熊田の夫の苗字)曜子と交際をしていたが、平成23年2月頃、同女から以降の交際を拒否された上、同月27日、警視庁目黒警察署の警察官から以後同女に関わらないように口頭警告を受けたにもかかわらず、同女使用の携帯電話機にSNS「Instagram」を使用し、連続してメッセージを送信するつきまとい等をしていたものである』と警告の理由が書かれていました」

 6月16日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び17日(木)発売の「週刊文春」では、熊田の娘の面倒を熱心に見ていた義母に対して熊田が言い放った言葉や、熊田のグラビア活動についての親族の複雑な思いなどについて報じる。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版を見てみる

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー