昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《お揃いのスヌーピー帽を被り、「鬼滅列車」で大はしゃぎ》「BiSH」「豆柴の大群」プロデューサーが元ハロプロアイドルと“USJ不倫旅行” 事務所は不倫事実を認め謝罪

敏腕Pと人気アイドルの禁断愛を直撃 #2

genre : エンタメ, 芸能

 人気アイドルグループ「豆柴の大群」や「BiS」「BiSH」などのプロデューサーとして知られ、音楽会社である株式会社WACK代表取締役も務める渡辺淳之介氏(37)が、ハロープロジェクトのアイドルユニット「アンジュルム」元メンバーで、昨年よりアイドルグループ「ZOC」に加入した巫まろ(かんなぎまろ・26)と半同棲していることがわかった。

アイドルユニット「ZOC」の巫まろ

 渡辺は既婚者であり、巫とは不倫関係ということになる。巫は、渡辺の別邸のマンションに連日入り浸っていたが、マンションを出る際は常に警戒していた。決定的瞬間をとらえたのは渡辺の誕生日直前の10月20日早朝。密かにマンションを出た2人は、新幹線で京都へと“お忍び旅行”に出かけた――。(♯1の続き)

◆◆◆

手繋ぎ、記念撮影、おんぶにハグまで…

 京都駅から事前に予約していたハイヤーで嵐山にむかった渡辺と巫の様子は、これまでの警戒具合とはうってかわって大胆だった。

トロッコ列車を楽しむ渡辺と巫
トロッコ列車を楽しむ渡辺と巫

 他の観光客と一緒に人気スポットである嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車に乗りこむと、2人で仲良く記念写真を撮影。他にも人通りが少ない小道では、手を繋ぐシーンも見られた。さらに、京都の名所「渡月橋」付近の河原では、なんと巫は渡辺に“おんぶ”され、その後も路上で数度ハグをしては、互いに笑みを浮かべていた。

手を繋ぐ渡辺と巫 ©文藝春秋 撮影・細尾直人
大胆に巫をおんぶする渡辺 ©文藝春秋 撮影・細尾直人
トロッコ列車を降り渡辺に後ろから抱きつく巫

「巫は10月5日に投稿したYouTube動画で、ファンに“自身に対する偏見”を聞いた際『人の彼氏を奪いそう』という声が多かったことを告白。

自身のYouTubeでは「偏見」と言っていたが…
奇しくもファンの評は的を射ていた

 本人は笑って否定していましたが、結果的にまさにそのとおりだった。巫は恋愛依存体質で渡辺に関しても仕事で関係のある女性に対して変な対抗意識を燃やしたり、過度な束縛をしたりで、周囲は戸惑っています」(巫まろの知人)