文春オンライン

小池の運命を変えた「高1水着写真」

 ただ、その後も小池は高校に通いつつ演技の勉強を続けたが、次の仕事がなかなか決まらない。A氏が気にかけると、小池は明るくこう話したという。

「大丈夫です、全然焦ってないですよ、私。学校のダンス部も楽しいし」

 その一方、前後してA氏は、当時のグラビアバブルに乗っかって名前を売ろうと、ちゃっかり小池の水着撮影を済ませていた。96年暮れ、無名ながら小池のグラビア写真が「週刊プレイボーイ」に掲載される。

ADVERTISEMENT

A氏が宣材に使った高1の小池の写真

 しかし、小池が高校2年になった頃、事務所が立ち行かなくなって閉鎖に。その後、元スタッフが「週プレ」写真をイエローキャブに持ち込むと、野田氏の食指が動いた。かくして小池の本格グラドルデビューに繋がっていくのである。

 芸能界を離れているA氏は、最後にこう語る。

「あれから紆余曲折はあったと思いますが、初志はブレていませんよね。彼女が女優として活躍する姿を見ていて、嬉しい限りです」

“アマ”時代から将軍の風格があったようだ。

2022年「女性芸能人部門」BEST5 結果一覧

1位:母の死、弟の逮捕、不倫裁判…後藤真希を蘇らせた“過激すぎる”セミヌード
https://bunshun.jp/articles/-/62583

2位:49歳になった深津絵里が“10代のヒロイン”を演じても、違和感がない「2つの理由」《朝ドラ『カムカムエヴリバディ』出演》
https://bunshun.jp/articles/-/62582

3位:「20代、30代は恋愛ばかりしていた」ヘアヌード、前夫の浮気、手術… 鈴木砂羽50歳の「相棒」復活
https://bunshun.jp/articles/-/62581

4位:母は三雲孝江さん! NHK星麻琴アナ30歳のファンが増えている理由
https://bunshun.jp/articles/-/62580

5位:小池栄子 運命を変えた知られざる「高1水着写真」
https://bunshun.jp/articles/-/62579

小池栄子 運命を変えた知られざる「高1水着写真」――2022年BEST5

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー