文春オンライン
《沼津“乳児”死体遺棄》「300万円のツケで飛んだホスト狂い…」海水浴場で赤ちゃんを焼いた浅沼かんな容疑者(24)のヤバすぎる奇行「子供を親に預け夜遊び三昧」

《沼津“乳児”死体遺棄》「300万円のツケで飛んだホスト狂い…」海水浴場で赤ちゃんを焼いた浅沼かんな容疑者(24)のヤバすぎる奇行「子供を親に預け夜遊び三昧」

genre : ニュース, 社会

 静岡県沼津市の千本浜海岸で生後間もない女児の遺体が見つかった事件で、沼津署は2日までに、いずれも住所不定で無職の浅沼かんな容疑者(24)と高見直輝容疑者(20)を死体遺棄と死体損壊の疑いで逮捕した。

浅沼かんな容疑者

 両容疑者は海岸周辺に流れ着いた木や枝などを使い、数時間にわたって女児の遺体を焼いたとみられている。女児の直接の死因は不明ながら、死産でなかったことだけは分かっているという。

 海水浴場として知られる浜辺で、赤ちゃんの遺体を焼き、放置するという異常な事件。容疑者と目された男女は一体何者なのか。文春オンラインが取材を進めると、女児の生みの親の可能性がある浅沼容疑者の事件直前までの足取りが浮かんできた――。

ADVERTISEMENT

焚き火で遺体を焼くという幼稚な発想(日テレNEWSより)

 ◆◆◆

遺棄された女児の近くで焚き火をしていた男女

 社会部記者が解説する。

「事件は5月27日午前6時45分ごろ、海岸で釣りをしていた男性からの『赤ちゃんの遺体があった。たき火をしている男女がいた』という通報で発覚しました。警察は目撃情報を基に防犯カメラの解析などを進めた結果、浅沼容疑者らが浮上。1日に沼津市内の宿泊施設にいた2人を発見し、現場となった海岸で女を逮捕、翌日に男を逮捕しています。

千本浜海岸

 赤ちゃんの身長は約50センチで、体の一部が炭化しており死因は特定されていません。警察は2人が女児の親である可能性があるとみてDNA鑑定など含めて捜査しています」

界隈で“ヤバすぎる女”として知られていた浅沼容疑者

浅沼かんな容疑者

 逮捕された浅沼容疑者のことを「“ヤバすぎる女”として、界隈で知らない人はいませんでした」と評するのは、大阪のホストクラブで働く男性Aさんだ。

「昨年の5月ごろに、大阪市内の相席屋で浅沼さんと初めて会いました。そこで仲良くなったのをきっかけに、翌月からホストとして働き始めた僕のお店に来てくれるようになったんです。その時はまだ彼女のヤバさに気付けていませんでした……」

関連記事