文春オンライン
《証拠動画あり》「いきなり後ろから胸の下を…」女子中学生5人の下半身“盗撮疑惑”で逮捕 個別指導塾室長の過激セクハラ「子どもの弱みにつけこんだ、許せない」

《証拠動画あり》「いきなり後ろから胸の下を…」女子中学生5人の下半身“盗撮疑惑”で逮捕 個別指導塾室長の過激セクハラ「子どもの弱みにつけこんだ、許せない」

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

 兵庫県豊岡市の個別指導塾「ビーパル個別指導学院」で女子生徒らへの盗撮疑惑が次々と発覚し、教室長だった吉岡大輔容疑者が9月16日に兵庫県警に逮捕された事件。

 吉岡容疑者は塾側の聞き取りに対して、「盗撮はしていない」と“否認”する一方、“盗撮疑惑動画”を突き付けられ、授業中にスマホを机の下に忍ばせてライトを点灯して女子生徒の下半身を覗き見たことは認めたという。

机の下から女子生徒の下半身にカメラを向ける吉岡容疑者

「吉岡に生徒や他の教師も含めて全員が背を向ける形だったため、ライトを点けるという大胆な犯行にも関わらず発覚が遅れました。ただ偶然にも犯行の瞬間を目撃してしまった子供もいたことから一気に噂が広まり、生徒たちが自らの足元に証拠動画を撮影するスマホをしかけた。その動画がさらに生徒たちの間で出回り、それを見た関係者が塾側に通報。本人への聞き取り直後に警察に通報し、ついに逮捕となりました」(子供を通わせていた保護者)

ADVERTISEMENT

日常的にセクハラを繰り返していた

 吉岡容疑者が塾側に話しただけでも、5人の女子生徒に対して犯行に及んだというが、被害はそれだけではない。吉岡容疑者は女子生徒の身体を触るなどのセクハラを日常的に繰り返していたという。別の保護者女性が話す。

「盗撮」動画に映った吉岡容疑者

「娘は事件が明らかになってからようやく話してくれましたが、入塾してすぐに吉岡に身体を触られるようになったようです。最初は娘のペンケースでつんつんと腕や肩を触るぐらいでしたが、その後はペンケースからペンに代わり、その後はペンから指に代わり、“つんつん”から掴む感じにと悪質になっていった。

 その後さらに大胆になって、ついには胸のふくらみのすぐ下という際どいところを、くすぐるような素ぶりで触ってくるようになりました。いきなり後ろから触られることもあったといいます。『それが本当に気持ち悪かった』と、娘は思い出すのも嫌なようでした。中学生といえばちょうど胸が膨らみ始める、1番触られたくない時期でしょう?」

関連記事