文春オンライン
《日本大学に新たな問題浮上》歯学部付属歯科病院の備品を「メルカリ」で売却“疑惑の看護師“が退職していた! 大学は取材に「事実関係を照会中」

《日本大学に新たな問題浮上》歯学部付属歯科病院の備品を「メルカリ」で売却“疑惑の看護師“が退職していた! 大学は取材に「事実関係を照会中」

 日本大学歯学部付属歯科病院に勤務する看護師が、病院の備品をフリマアプリ「メルカリ」に出品し、その後、退職していたことが「週刊文春」の取材でわかった。日大はこの事案を公表しておらず、取材に対して「事実関係を照会中」としている。

 アメリカンフットボール部の違法薬物問題への対応が批判されている日大。

日大アメフト部のメンバー

「早い段階で複数の生徒が大麻を使用していたことが分かっていながら、問題を隠蔽し続けました。大学の甘い見通しが次々に露呈し、調査報告でも『事実を矮小化』『隠蔽体質』と厳しい言葉が並びました」(全国紙社会部記者)

ADVERTISEMENT

 混乱への対応に追われる中、日大は全く別の新たな問題を抱えていた。

 日大歯学部付属歯科病院に勤務する看護師のAさんが退職したのは今年9月末のことだった。病院スタッフによると、Aさんは「管理職を務めていたベテラン」。今年3月に管理職に就いたばかりだった。ところが、わずか半年で突如、辞めたという。理由として「親の介護」を挙げていたというが……。

「ウチは介護休暇も取れるはず。この辞め方には違和感しかありませんでした」(前出・病院スタッフ)

実際にメルカリに出品されているハンドピース(※本件とは別)

 後任の管理職も決まらぬまま、逃げるように辞めていったAさん。実はその裏には“ある疑惑”があった。病院の関係者が明かす。

「少し前、治療で歯の研磨などに使うハンドピースという器具が大量に紛失するという事態がありました。少なくとも100本ほど。実はAさんがフリマアプリ『メルカリ』でハンドピースを売っていたようなのです」