昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

多い時は週3、4回、客席で行為を…ガスト店長39歳とパート主婦37歳の“危険な情事”

 そのファミリーレストランは1階が駐車場となっており、閉店後に2階の店内の様子を窺い知ることは難しい。だが、耳をそばだてれば“秘密の残業”に励む男女の声が――。

◆ ◆ ◆

店舗マネージャー39歳とパート主婦37歳が不倫関係に

 東証一部上場のすかいらーくHDは「バーミヤン」「ジョナサン」などの飲食店を約3100店舗運営する、世界最大規模の外食チェーン。そのうち約1300店舗を構えるファミリーレストラン「ガスト」はグループの中核をなしている。

ガスト

 ここは都内某所のガスト。入口近くの「1-5卓」は窓もなく、壁が目隠しとなった“死角”に位置する。

 この4人掛けの席で閉店後、性行為にふけっていたのが、店舗の責任者であるマネージャーA氏(39)とパートとして勤務する主婦のBさん(37)である。

 ガスト関係者が明かす。

「二人が不倫関係に陥ったのは、緊急事態宣言の最中の昨年8月下旬頃。店の衛生管理に細心の注意を払っている時期に、客に食事を提供する場でそんな行為をしていたのは許せない」

多い時には週に3、4回も客席で…

 コロナ禍で営業時間が短縮されたのをいいことに、二人の行為はエスカレート。

「多い時には週に3、4回も客席で性行為をしていました。マネージャーのAは小学生の子どもが一人いる既婚者。穏やかな印象で部下からの信頼が厚く、上司の評価も最高レベルでした。一方のBさんは深夜勤務で、3人の子どもの母親。時には場所を控室に移すこともあり、マネージャーは店内に大人のおもちゃを持ち込むようになりました」(同前)

“危険な情事”は約4カ月続いた後、昨年暮れに終焉を迎えたという。