週刊文春 電子版

西村康稔コロナ相 飲食店イジメ男の急所を撃つ

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

「金融機関に対して働きかけを……」。まるで“お上の言うことを聞かないと融資を引き揚げるぞ”と言わんばかりの発言で大炎上、1日で撤回に追い込まれた西村コロナ大臣。その原点には何があるのか、徹底検証した!

 舌禍事件からわずか3日。7月11日、西村康稔経済再生相(58)は、地元・兵庫県明石市のJR明石駅前で絶叫していた。

「何としてもコロナを抑えたい。ご協力いただいている皆さんにしっかりと応えていきたい。その思いが強いばかりに、私の発言で、いろいろご迷惑をおかけしております!」

 傍らには、自らも擁立に関わった兵庫県知事選の新人候補を従えている。街頭演説が終わるころには、西村氏の周りに20人弱の聴衆が集まり“密”に。だが、ソーシャルディスタンスを呼びかけることもなく写真撮影に応じる。終わると、商店街へ足を向けた。

兵庫県知事選のため毎週地元入り(7月11日)

 取材のため、商店街の片隅に立っていた小誌女性記者。そこへ、まっすぐに駆け寄ってくる西村氏。

「よろしくお願いします、西村です!」

――演説、聞きました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年7月22日号

文春リークス
閉じる