週刊文春 電子版

飯島勲「内閣参与」の激辛インテリジェンス“リターンズ” 衆院選の投票日と総裁選の勝者、教えます

飯島 勲
ニュース 社会 政治

(いいじまいさお 小泉政権の政務担当首相秘書官を5年5カ月に亘って務め、7年8カ月続いた安倍政権も内閣参与として支えた。菅政権でも内閣参与に。)

秋の総裁選に出る意向を早くも表明した菅首相
全ての画像を見る(1枚)

 読者の皆さん、お久しぶりだな。菅義偉首相を内閣参与として変わらず支えてるけどさ。この件だけは8月の月遅れ盆休みの前に大きな声で言っとかないと、衆院議員がみな解散に向けて走り出したら手遅れだから、特別版で復活したぜ。

 自民党内じゃ9月5日に東京五輪・パラリンピックが閉幕すると、直ちに臨時国会が召集されて、首相が衆院解散・総選挙を断行するって観測がもっぱらだろ。投票日は10月3日、10日、17日のどれかで、総裁選も選挙後に延期だとかさ。

 冗談じゃないよ。先の東京都議選で自民党は「惨敗」だったろ。いま衆院選やったら、現有議席は277だけど、小選挙区で70人は落選しかねないぜ。

 感染拡大も止まらないしさ。都に四度目の緊急事態宣言を出したって、人流規制に皆ウンザリだからほとんど効果ないじゃん。都の専門家会議じゃ、8月11日に新規感染者が2400人を超すって予測だな。

 菅首相も切り札はワクチン接種だって旗振っていただいてるけど、希望者の接種完了が10~11月なんて河野太郎担当相も何やってんだと言いたいぜ。1にワクチン、2にワクチン、3と4がなくて5にワクチンでもっと前倒ししなきゃ。

 8月中に希望者全員が1回目の接種を終えて、9月末には2回目も完了がマストよ。12歳以上の全国民に義務化したいくらいさ。

 終戦直後のオレらがガキの頃は、女の子なんか泣こうがわめこうが、シラミなどの防疫対策でDDTの白い粉を強制的にぶっかけられたもんよ。占領軍のね。

 西村康稔経済再生相も酒を提供する飲食店に金融機関や酒の販売事業者から圧力かけさせようなんて、あいた口がふさがらないけどさ。そんなアホな手打つより「ワクチン・パスポートがあれば、飲食店で酒が飲める」とか、若い世代にもワクチンを打たせる知恵を絞れって叫びたくなるな。

 9月末のワクチン接種完了を優先して解散は先延ばしよ。総裁選は公選規程の通り、8月中に日程を決めて粛々と告示すりゃいいのさ。コロナ感染の非常事態で首相に対抗して手を挙げるバカはいないだろ。無投票再選でいけるぜ。

 何? 下村博文政調会長や稲田朋美元防衛相がその気になったらどうするかって? そりゃやってもいいけど、大恥かくだけだよな。

自治体の裏負担

 野党は憲法53条に基づいて臨時国会を召集しろとかうるさいけど、慌てちゃダメよ。2021年度補正予算で追加経済対策の財政出動したいったって、補助金ばらまくには地方議会も動いて自治体の裏負担を担保しなきゃ。9月の地方議会には間に合わないから次は12月さ。

 総裁選を終えたら、党役員も9月末で任期切れだから、首相は内閣改造人事をやってもいいじゃん。無能な閣僚は首にして、選挙向けに刷新よ。二階俊博幹事長の交代論もあるけど、収まりのいい人材がいるの?

 9月後半にはニューヨークで国連総会もあるな。ワクチン接種もそうだけど、何でも官邸の責任にするんじゃなくて、各省がつかさつかさでしっかり仕事すれば、首相も外遊できるよ。

 で、ワクチン接種完了を見届けて10月に入ったら臨時国会を召集し、補正予算を成立させればいいよ。衆院議員の任期満了は10月21日だから、その直前まで国会を開いていて構わないからさ。

 任期満了間際で解散すれば、ズバリ、衆院選は「11月16日公示→28日投開票」で決まりよ。ほかの選択肢はないつもりで、政府・与党一体でワクチン接種に懸けてほしいぜ。

source : 週刊文春 2021年7月29日号

この記事の写真(1枚)

文春リークス
閉じる