週刊文春 電子版

NHK清純派 フジ非ステマ「五輪キャスター㊙報告」

「週刊文春」編集部
ニュース テレビ・ラジオ
五輪も“切り札”安住アナを使うTBS
五輪も“切り札”安住アナを使うTBS

「いろいろとミソがついてはいますが、それでも期間中のテレビはオリンピック一色になる。五輪キャスターになることは、アナウンサーにとって最大の栄誉でしょう」(NHK局員)

 限られたイスを巡る“五輪キャスター戦争”の内幕を報告しよう。

 まずは最大の放送枠を持つNHKから。

 開会式の司会は和久田麻由子(32)、閉会式は桑子真帆(34)と、夜、朝のニュースの顔が大役をゲット。和久田はパラリンピックの閉会式も担当し、NHKのオリパラは「和久田に始まり、和久田に終わる」形に。まさに“絶対エース”であることを印象づけた。

「なんといっても開会式の担当が一番の花形。現在の2大エースの和久田、桑子のどちらが務めるかが注目されましたが、最後は清純派で隙が全くない和久田が選ばれました。桑子は昨年、俳優の小澤征悦とのお泊りデートが報じられ、コロナ禍なのにノーマスク姿だったことなどイメージダウンが響きました」(同前)

和久田アナは名実ともNHKの顔に
全ての画像を見る(3枚)

 新旧スポーツキャスターも、明暗を分けた。

「18年まで土日のスポーツニュース番組、通称“サンサタ”を担当していた杉浦友紀(38)はパラリンピックの開会式と、特設スタジオからの五輪中継番組のキャスターを務める。一方、現役のサンサタのキャスターの副島萌生(めい)(29)は、五輪ではデイリーハイライトの担当にとどまった。海外での五輪だったら杉浦は現地派遣、副島は居残りという扱いですから、経験値で勝る杉浦に軍配が上がった形です」(別のNHK局員)

 副島は入局4年目でサンサタのキャスターに抜擢された期待株だったが……。

「担当になった18年春から、番組名が『サンデースポーツ2020』になり、東京五輪を見据えた人事でした。でも、現場スタッフからの評価は芳しくない。積極的に取材に出かけるタイプじゃない割に、現場が取材してきた素材を『これ、面白くないでしょ』と上から目線で否定することもある」(同前)

 一方、日替わりで中継を担当する民放各局はどうか。

 アスリートやタレントをメインに据える局が多いなか、堂々“メインキャスター”の称号を得たのが、フジテレビの宮司愛海(みやじまなみ)(29)。奇しくもNHKの副島と同期で、18年春からスポーツ番組「S-PARK」のキャスターに就任するなど経歴も似ているが、こちらは先輩の“壁”を乗り越えた。

フジは宮司アナが“独走態勢”

「それまで、フジのスポーツ番組は3期上の宮澤智(31)が担当していましたが、伸び悩んだ末、配置換えに。2人はともに早稲田出身でゼミも同じですが、宮司のほうが上昇志向のある努力家です。宮澤を含む8人のアナが美容室でタダにしてもらう代わりにSNSで宣伝していた“ステマ問題”も、とっつきづらい宮司には声がかからなかったようで、難を逃れました」(フジ関係者)

 日本テレビはNHKでスポーツキャスター経験もある“外様の大物”有働由美子(52)をメインに起用。

「有働さんは直前特番で、アテネ五輪で取材していた柔道の井上康生監督へインタビューを行っていますが、本来ならば現役選手を取材したいところ。しかし各局、有望選手への事前取材ができず、本番でも選手の地元でパブリックビューイングも難しい状況ですから、スタジオのトークで回す技術がより求められる。若手アナも育っていないことから、有働さんの安定感にかけた形です」(日テレ社員)

日テレは有働アナの経験値に期待

 そういう意味では松岡修造(53)、寺川綾(36)、内田篤人(33)の元アスリート3人がメインとなるテレビ朝日には不安が残るが……。

 TBSは“局の顔”安住紳一郎(47)をメインに、サブで上村彩子(28)、日比麻音子(まおこ)(28)、山形純菜(27)と局アナ中心の陣容。

「安住は19年から土曜早朝の『東京VICTORY』というアスリートのトーク番組を地味に担当してきました。他の3人もスポーツ畑で、TBSは“マジメ路線”でいくのでしょう」(スポーツ紙記者)

 テレビ東京はスポーツ担当で人気を誇った鷲見玲奈(31)が昨年3月にまさかの退社。4年前に関西テレビから転職してきた竹﨑由佳(28)が大抜擢された。

 アスリート同様、キャスターの戦いもまた始まる。

source : 週刊文春 2021年7月29日号

この記事の写真(3枚)

文春リークス
閉じる