週刊文春 電子版

篠原涼子(48)韓流アイドルとの“束縛不倫”LINE

14歳下恋人のアカウントを削除させ……

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 音楽

 小誌前号がスクープした、篠原涼子が離婚前から交際していた男性、グァンスの存在。彼を知る人物たちから2人の関係の詳細が明かされた。ステイホームデート、LINEアイコンの謎、そしてグァンスが語った将来 ――。

グァンス

「ねぇ! もっと早くやってよ~」

 東京都心にある高級賃貸マンションの一室。身長180センチを超える美男子が慣れない手つきで料理している。そのかたわらには年上の“彼女”の姿。優しく見守りながらも、手際の悪さが気になってしまうのだろう、ついつい口を挟む。どこにでもいる、幸せなカップルの日常である。

 ただし、“彼女”に年の離れた夫と2人の息子がいなければ――。

 7月24日、市村正親(72)との離婚を発表した篠原涼子(48)。24歳年長の夫に、中学1年の長男と小学4年の次男の親権を渡すという異例な形だった。

10月から「オリバー!」公演予定の市村

 小誌は8月5日発売号で、その背景に篠原と韓流アイドルSUPERNOVA(旧・超新星)のメンバー、グァンス(34)との親密な関係があったことを報道。篠原とグァンスがお揃いのアンクレットを着けていることに加え、現在、都内の同じ高級マンションに住んでいることも指摘した。

大阪で“路上タバコ”中のグァンス
足下に光るお揃いのアンクレット

 篠原に自宅マンション前で話を聞くと、「ないですねー!」と不倫関係を否定。一方のグァンスにも、大阪で行われた単独ライブ翌日の8月1日に尋ねたが、「友達ではあります」と認めたものの「付き合ってないんです!」と語った。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年8月26日号

文春リークス
閉じる