週刊文春 電子版

厚労省に加え東京都にも…“偽手袋”が納入されていた

THIS WEEK「経済」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 経済

 厚労省だけでなく、東京都にも……。

 小誌は6月3日号で、厚労省が公募した医療用ガウンを巡り、国内縫製品に限るとの条件に反し、中国縫製品が納入された疑惑を報道。問題の製品を納入したのは防災用品専門会社「船山」で、同社が製品の手配を委託したのはアパレル会社「ニューズ・トレーディング(NT社)」だった。

 その船山は、東京都からも医療用ニトリル手袋を昨年12月から今年1月にかけ、計2億8000万円で受注していた。今回もNT社に手配を委託。ニトリル手袋は通常のポリビニール手袋より価格は倍近いが、「密着率が高く、細かい作業がしやすいため、針刺防止、感染防御をしやすい」(薬師寺慈恵病院の薬師寺泰匡院長)などのメリットがある。

 ところが――。医療メーカー代表のZ氏が証言する。

「弊社も同じ時期、NT社とニトリル手袋を5000万円分契約し、一部が納入されました。確かに、スイスに本社を置く認証機関のSGS社が発行した証明書には『ニトリル36%、ポリビニール28%』と記されていた。しかし、パッケージには『ビニール手袋』と書かれていました。変だと思ってNT社の社長に聞くと、『この製品は都にも納めているから大丈夫』と言われたのです」

 Z氏が受け取った手袋は本当にニトリル手袋だったのか。小誌がSGS社に確認したところ、Z氏が受け取った証明書には「全く価値がない」。それどころか「ニトリル36%」も嘘で、実際の成分は「ポリビニール55%、ニトリル3.5%」だというのだ。

「船山が都に納入したのも、ニトリル手袋ではなく、『ポリビニール55%』の手袋だったのではないでしょうか」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月16日号

文春リークス
閉じる