週刊文春 電子版

ワクチン反対論者のDJ5人が次々死亡した アメリカ感染事情

THIS WEEK「国際」

近藤 奈香
ニュース 社会 政治 国際

 ジョー・バイデン米大統領がコロナ対策を180度転換した。9月9日、約1億人にワクチン接種や定期検査を義務付ける政策を発表したのだ。従業員や職員が100人以上の企業や政府関連の組織が対象で、ワクチンを接種しない場合には週ごとに検査が必要となる。

「これまでバイデン氏は、ワクチン接種を強制することには否定的でした。だがデルタ株の蔓延を抑えられず、“義務化”に踏み切ったのです」(在米記者)

 米国では7月から新規感染者数が急増。7日間平均の新規感染者数は約14万8000人で、入院者数は約1万2000人(9月8日時点)。重症者も増加して病床が不足する事態に。一日の死者数は約1500人に達した。人口当たりで比べると、フランスやドイツの2倍だ。

 最大の原因はワクチン接種のブレーキ。新規感染者の大多数が未接種者で、例えばコネチカット州の感染者の99%が未接種者だった。数カ月前までアメリカはイスラエルと接種率で世界1、2を争っていた。だが各国に追い抜かれ、2回目接種率54.2%は世界57位に。

 その理由が、根強い“ワクチン反対派”の存在だ。

「特に共和党支持者にワクチン反対派が多い。7月の世論調査では共和党支持者の約40%がワクチンに懐疑的でした。接種率にも表れており、バイデン氏に投票した人たちは、トランプ元大統領に投票した人たちより、12ポイントも接種率が高かった」(同前)

 州ごとの接種率は、上位16州のうち、共和党主導の州はわずか1。下位16州は、14州が共和党主導の州だった。だが――。

 実はワクチン反対を掲げてきた、共和党を支持する保守系ラジオ番組DJたちが、相次いでコロナで亡くなっている。フロリダ州では「ミスター・ワクチン反対派」を自称していたマーク・バーニエ氏や、「ワクチンは偽物だ」とSNSに投稿していたディック・ファレル氏。テネシー州では「心臓発作や麻痺のリスクを抱えてまでなぜ接種するんだ?」と豪語していたフィル・バレンタイン氏が亡くなるなど、この1カ月だけで5人にのぼる。

 テキサス州でマスク着用・ワクチン反対デモを先導したケイレブ・ウォレス氏も、30歳で亡くなった。

 それでも反対派の強硬姿勢は変わらない。トランプ氏が支持者の集会でワクチン接種を呼びかけた際、ブーイングが飛んだ。今回の義務化にも共和党のサウスダコタ州の知事からは「憲法違反だ」、トーマス・マッシー下院議員からも「専制政治だ」と批判の声が出た。政治的分断が、コロナ対策を難しくしている。

source : 週刊文春 2021年9月23日号

文春リークス
閉じる