週刊文春 電子版

ワクチン接種した人が知るべき7つのこと 会食、飲酒はどこまでOK?孫と会っていい?

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療 ヘルス

 8月下旬以降、減少傾向にあるコロナの新規感染者。国民の約半数、高齢者の約9割がワクチン接種を終え、政府は10月以降の行動制限を見直す方針だ。

 接種をすませた人、とりわけ高齢者が「感染予防」と「健康的な生活」を両立するために知っておくべきことは何だろうか。

 まずは気になるブレークスルー感染。米国疾病管理センター(CDC)の分析では、ワクチン接種を完了した人で、新型コロナにより入院または死亡したのは1万2908例(8月30日時点)だった。米国では1億7300万人が接種を完了している。

 つまり、(1)ブレークスルー感染による入院・死亡の確率は1万3000分の1未満。未接種者に比べ、入院の確率は17分の1に下がる。ワクチン接種の効果は確実といえるだろう。

 だが、ブレークスルー感染で入院した人の約70%、死亡した人の約87%が高齢者だったことには注意が必要だ。長崎大学医学部の森内浩幸教授が指摘する。

「ひとつは、もともと高齢者は抗体が若者より少ないこと。そして、高齢者は接種時期が早かったので、ワクチンによって作られた抗体の量が少なくなっていることも考えられます」

 英国の調査によると、ファイザー製は接種2回目から1カ月後に88%だった感染予防効果が、5~6カ月後には74%まで低下していた。つまり、半年ほどで抗体は減ってゆくのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月23日号

文春リークス
閉じる