週刊文春 電子版

岸田文雄 2つのアキレス腱は目玉政策と“身内”にあり

新聞・TVが報じない総裁選

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治
イメチェンを図る岸田氏
イメチェンを図る岸田氏

 昨年の雪辱を期す岸田文雄前政調会長(64)。「決められない男」からの脱却を図り、発信力を強化しているが、実は彼には「2つのアキレス腱」が――。

 岸田氏が新型コロナ対策として掲げるのが、「健康危機管理庁」の創設だ。国・地方自治体の対応を統括し、担当閣僚を充てるという。コロナ対策の目玉公約だが、元官房副長官の松井孝治慶大教授はこう語る。

「新組織を作る必要性が全く理解できません。そもそも感染症対策は厚労省の所管。省庁横断的な課題は官邸が調整して対応すべきです。政治家が思いつきで新組織を作っても、充分に機能しない場合が多い。内閣府の外局が乱立し、16年には内閣府の機能見直しに関する法律が施行されたほどです。国家公務員の数も簡単に増やせず、新組織を作れば、職員の多くが併任になってしまう。一人当たりの業務は増え、霞が関のブラック化も一層進みます」

 元総務官僚で政策コンサルタントの室伏謙一氏も懸念する。

「菅政権もワクチン担当大臣を設けましたが、官邸と担当大臣の間で、司令塔機能が分散し、かえって混乱に拍車がかかった。その二の舞になってしまいます」

 一方、「2つ目のアキレス腱」はと言うと、

「岸田派(46人)だけは結束しているように見えますが、実は“温度差”が……」(岸田派関係者)

 冷めた態度は、派閥の前会長、古賀誠元幹事長だ。

古賀氏は派閥の名簿から外された
全ての画像を見る(2枚)

「古賀氏は政界引退後も物心両面で派閥を支えてきました。しかし総裁選を勝つには、古賀氏と関係の悪い麻生副総理率いる麻生派の支援が不可欠。麻生氏から『古賀を切れ』と迫られた岸田氏は昨年、事実上引導を渡します。これで古賀氏と岸田氏の関係は決定的に悪化しました」(同前)

 その古賀氏が高く評価するのが、首相を目指すために衆院への鞍替えを決めた林芳正元文科相である。

「林氏は防衛相や農水相を歴任し、行政手腕は党内随一。ただ、岸田氏と林氏は年齢も僅か4つ差。岸田政権となれば、“林首相”の実現は遠のきかねない。鞍替え選挙を控えているという事情も大きいようですが、今回の総裁選でもあまり動いていません。その反面、岸田氏とは異なり、将来の“林派”を見据え、今でも古賀氏の事務所には足繁く通っています」(同前)

 果たして、当事者たちはどう考えているのか。

 古賀氏に話を聞いた。

――岸田氏の出馬に否定的だったが、応援は?

「応援するもしないも、何もしないということ。今回はノータッチ。どなたも応援していません。もう(岸田氏に)連絡もしませんよ。向こうからも何も言ってきませんから。一切ナシです」

――林氏のことは?

「林さんはもう日本の宝の一人だと思っています」

 と、打って変わって明るい声色になるのだった。

 では、林氏は岸田氏の戦いをどう見ているのか。

――岸田氏の出馬について。

「ご本人がやるって言うなら、もうこれはね。去年の総裁選後、次もやるって仰っていたんで、非常にスパッと決意表明されました」

――鞍替え選挙もある。

「ほとんど地元にいるような日程だったので、調整をして東京へ行く日にちを増やしているところです」

――古賀氏が日本の宝だと。

「有難いですね。本当に宏池会に入った最初からずっとご指導頂いているので」

閣僚ポストを歴任してきた林氏

 当の岸田氏は、主に以下のように回答した。

「健康危機管理庁の創設とあわせて、国・地方が人流抑制や医療資源確保において、より強い権限を持てるための法改正も予定している。

(林氏については)ご地元が大変な状況の中、献身的に応援頂いている。

(古賀氏については)総裁選の私のテーマは、国民と直接対話すること。そうした中で、国会議員や関係者の皆様にご理解頂きたい」

 岸田氏が抱える「2つのアキレス腱」。断裂してからでは遅い。

source : 週刊文春 2021年9月23日号

この記事の写真(2枚)

文春リークス
閉じる