週刊文春 電子版

岸田文雄 “東大落ちた”が挫折自慢「安倍に嫌われる」で“逃げ恥”常習

「次の総理」ここが危ない!

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

「総裁任期中に憲法改正」

「財政出動はしっかりやる」

「森友の再調査はしない」

 まるで前首相のような言葉で訴えるのは、岸田文雄前政調会長(64)。党内ハト派で、財政再建も掲げてきた宏池会の理念はどこへ……。

 岸田氏は祖父も父も衆院議員という政界サラブレッドだ。安倍氏と同じく、93年に初当選。07年、第1次安倍政権で初入閣した。

開成高、早大法学部出身

「12年、第2次安倍政権で外相に就任します。ただ、安倍氏とトランプ米大統領らとの個人的関係を生かす首脳外交が目立ち、岸田氏の存在感は希薄だった。ラブロフ露外相にウォッカの飲み比べで勝ったことが数少ない“実績”と揶揄されるほどです。それでも、安倍氏は失点の少ない岸田氏を後継に考えるようになっていきました。自身に忠実な岸田氏なら、院政を敷きやすいとの思惑もあったはずです」(政治部デスク)

 17年8月には岸田氏の希望通り、党三役の政調会長に就任。しかし、ここから岸田氏の“逃げ恥”人生が加速していくのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月30日号

文春リークス
閉じる