週刊文春 電子版

「さよならメルケル」|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第496回

池上 彰
ニュース 社会 政治 国際

 16年にわたりドイツの首相の座にあったアンゲラ・メルケルが引退します。9月26日に実施された総選挙に立候補しなかったのです。首相を退いても議員を続けて党内に影響力を保持している人たちがいるどこかの国とは大違いです。

 メルケル首相の後任が誰になるか。選挙の結果はメルケルの与党で中道右派の「キリスト教民主・社会同盟」(CDU・CSU)が得票率で2位に落ち、代わって中道左派の「社会民主党」(SPD)が1位に躍り出ました。

 とはいえ、どちらも単独では過半数に達しないため、連立を組まなければなりません。連立相手は、3位の「緑の党」と4位の「自由民主党」です。どちらの党と組むかで、「信号連立」になるか、あるいは「ジャマイカ連立」になるかと言われています。これは各政党のシンボルカラーから来ています。

 緑の党のシンボルカラーは、もちろん緑。自由民主党のシンボルカラーは黄色です。一方、社会民主党のシンボルカラーは赤、キリスト教民主・社会同盟は黒です。そこで社会民主党・緑の党・自由民主党の3党連立なら、赤・緑・黄色で、まるで交通信号のよう。

 一方、キリスト教民主・社会同盟が緑の党、自由民主党と組めば、黒・緑・黄色で、ジャマイカの国旗の配色と同じになるというわけです。

 緑の党は環境を重視しますが、自由民主党は産業界寄り。原発政策や温暖化対策で政策を合わせるのは大変。連立交渉は長引きそうです。連立交渉がまとまり、議会で新しい首相が選ばれるまでは、メルケルが引き続き首相を務めます。

 もちろん、これ以外に社会民主党とキリスト教民主・社会同盟の2つの大政党が連立を組むという、いわゆる大連立の可能性もあります。この連立なら、さしずめ「スタンダール連立」でしょうか。スタンダールの代表作は『赤と黒』ですからね。まあ、こんなことを言っているのは私だけですが。

 それはともかく、メルケル首相の存在感が圧倒的でしたから、後継者は苦労するでしょう。そこで今回は、去り行くメルケル首相はどんな人だったのかを振り返っておきましょう。日本でも、いずれ女性の首相が誕生するでしょうから、その参考になるかも知れません。いや、参考にはならないか。

 アンゲラ・メルケルと呼ばれますが、メルケルは離婚した前夫の姓です。現在の夫はフンボルト大学教授であるヨアヒム・ザウアー氏。まさに「総理の夫」。メルケルの姓が知られるようになったので、そのまま使い続けているというわけです。それを許すザウアー氏の心の広さを感じます。2015年6月にドイツで開催されたサミットを取材した際、遠くからザウアー氏を見ましたが、知的で優しそうな人物でした。

 メルケル首相は1954年7月、旧西ドイツのハンブルクで生まれましたが、その直後、牧師だった父親は家族を連れて旧東ドイツの教会に赴任します。極めて異例でした。

東ドイツで育ち、スパイの勧誘も

 第二次世界大戦に敗北したドイツは、西部はアメリカ、イギリス、フランスに占領され、東部はソ連によって占領されたことで、東西に分裂します。ソ連流の独裁政権となり、自由が失われた東ドイツからは、1961年にベルリンの壁が建設されるまでに約300万人が西側に逃げ出しました。ところが、メルケルの父親は、反対の道を選んだというわけなのです。

 マルクス・レーニン主義の政党によって統治された東ドイツでは、「宗教は民衆のアヘンである」というマルクスの言葉に忠実に、キリスト教会への弾圧を強めます。

 その一方で、「宗教の自由」を認めるという建前から、一部のプロテスタント教会の存続を認めました。メルケルの父親は、ベルリンから北へ車で1時間半のブランデンブルク州の片田舎テンプリンの教会に赴任したのです。

 それにしても、どうして人々の流れと逆方向へ進んだのか。実は父親は、東ドイツの社会主義体制を理想と信じていたのです。なにせメルケルに弟が生まれると、マルクスと名付けたほどです。「赤い牧師」と呼ばれました。

 メルケルが過ごした場所は、教会附属の障害者施設でした。ここで障害者と共に成長しています。メルケルが首相になった後、難民など弱い立場の人への思いやりを見せるのは、幼少期の経験が影響していると見る人もいます。

 メルケルは子ども時代から成績優秀でした。東ドイツのような監視社会で学業を成就するためには政治と遠い理系の道に進むこと。メルケルは理論物理学者として大学や研究所の職を求めて面接を受けていましたが、その頃、国家保安省(通称シュタージ)の「協力者」になるように勧誘を受けます。要はスパイになって同僚を監視・密告しろという誘いです。しかしメルケルは「私には向いていません。私は口が軽いから何でも話してしまいます」と言って、誘いを断っています。うまく逃げたのです。

 東西ドイツが統一された後、シュタージの秘密文書が公開され、政財界の重鎮の多くがシュタージの協力者であったことが判明。裏切り者として失脚しましたが、メルケルは難を逃れたのです。

 ベルリンの壁が崩壊すると、メルケルは政治の道に進み、ヘルムート・コール首相に見出され、大臣に就任するなど「コールのお嬢さん」と揶揄されたこともあったのですが、党の政治資金をめぐるスキャンダルが判明すると、コールを容赦なく批判。コールを失脚させ、自らが党首の座を勝ち取ることになります。

 元首相の疑惑調査を封印して支持を得ようとしたどこかの国の首相とは違うのです。おっと、やはりメルケルの偉業は、日本の政界では参考にならないのかな。
 

イラストレーション 3rdeye

source : 週刊文春 2021年10月14日号

文春リークス
閉じる