週刊文春 電子版

「mRNAワクチンとは?」|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第497回

池上 彰
ニュース 社会 国際 医療

 今年のノーベル生理学・医学賞を受賞するのではないかと事前に大きな話題になっていたのが、ハンガリー出身でアメリカ在住の研究者カタリン・カリコ氏です。彼女の長年の地道な研究によって、ファイザーやモデルナのmRNAワクチンが実用化されたからです。NHKや新聞各紙も事前に「受賞が有力」として紹介しました。結局、今年は受賞しませんでしたが、ノーベル賞の受賞には長い時間が必要ですから、来年こそ受賞するかも知れません。

 この事前の報道で、mRNAが脚光を浴びました。mRNAとは「メッセンジャーRNA」のこと。高校の生物の教科書には「伝令RNA」と表記されています。いまやすっかり有名になったmRNAについて、基礎から解説しましょう。

 今回は増田ユリヤ著『世界を救うmRNAワクチンの開発者 カタリン・カリコ』(ポプラ新書)の受け売りです。詳しい内容を知りたい方は同書をお読みください。

 まずはファイザーとモデルナのワクチンの仕組みについて。新型コロナウイルスには、まるで王冠(コロナ)のように多数の突起があります。人間の細胞には、他の細胞との間で情報を交換するための鍵穴のような穴が開いています。ウイルスが人体に入り、突起が鍵穴にピタリとはまれば、ウイルスは細胞に侵入。細胞を乗っ取って、ウイルスのコピーを作らせます。これがウイルスの増殖です。大量のウイルスが製造されると、ウイルスは細胞を飛び出して、別の細胞に入り込みます。ウイルスが飛び出した細胞は死滅してしまいます。こうして多数の細胞が破壊されることで、重症化してしまいます。

 それでも一命をとりとめれば、人間はウイルスの突起を記憶します。そして、次にウイルスが侵入してきたときに、突起が鍵穴に入らないように妨害する物質を作り出します。これが抗体です。この抗体が作られることによって、人間は「免疫ができた」と言うのです。

 ファイザーやモデルナのワクチンは、ウイルスそのものではなく、ウイルスの遺伝子のうち、突起を作る機能を持つ部分だけを人工的に合成しています。この合成されたものを人間の体内に運び込む、これがmRNAです。情報を伝達する存在というわけです。

 ワクチンを注射して、mRNAが人間の細胞に入ると、「突起を作れ」という命令を伝えます。人間の細胞がウイルスの突起部分を作り出すことで、人間の免疫機能は、「ウイルスが入って来た」と誤解。大量の抗体を作り出します。その結果、人間は新型コロナウイルスに対する免疫を獲得するのです。

 しかし、ウイルス本体が入ってきたわけではないので、発病することはありません。

 mRNAはとても壊れやすいもの。そこでmRNAを脂質の膜で包み、低温で保存しておくのです。ワクチン接種によって人体の中に入っても、人間の細胞に情報を伝達した後は、すぐに消えてしまいます。

ハンガリーからアメリカへ

 ワクチンをめぐるデマのひとつに、mRNAが人間の遺伝子を組み替えてしまうというものがありますが、そんなことは原理的に起こりえないのです。

 このmRNAの働きにいち早く気づいたのが、カタリン・カリコ氏です。1955年にハンガリーの片田舎で生まれた彼女は飛び抜けて優秀で、ハンガリー屈指の大学セゲド大学の前身の大学に入学。RNAの研究者になります。

 しかし、社会主義体制時代のハンガリーは貧しく、十分な研究ができません。途中で研究を打ち切られてしまったカリコ氏は、アメリカのテンプル大学の研究職に応募。これが認められ、家族でアメリカに移ります。東西冷戦時代とはいえ、アメリカの大学からの正式な招請状があれば、ハンガリーを出国できたのです。

 ただし、当時のハンガリーには外貨の持ち出し制限がありました。貧しくて外貨不足に悩んでいたからです。上限は100ドル。

 しかし、これではアメリカに渡っても、とても生活できません。そこでカリコ氏は闇で自動車を売ったりして1000ドルを確保。これを娘が持つテディベアの人形の中に忍ばせてアメリカに渡りました。

 アメリカに渡れたのは良かったのですが、当時のアメリカの生物学の主流はDNAの研究。RNAの研究はマイナーで、周囲の理解は得られません。それでも研究を続けるうちに公衆衛生部門でアメリカ屈指の名門であるジョンズ・ホプキンス大学からのオファーが舞い込みます。

 ところが、思わぬ出来事が起こります。名門大学に転職することを知った上司が、妨害工作に走ったというのです。研究者としての嫉妬からでした。アカデミーの世界でも、こんなことがあるのですね。

 結局、テンプル大学に留まれず、ジョンズ・ホプキンス大学にも行けなくなったカリコ氏は、苦労の末にペンシルベニア大学で職を得たのですが、これが非正規雇用の助教でした。不安定な身分の上に低収入。研究助成金も手に入らず、ひたすら助成金の申請書を書く毎日だったそうです。

 それでも1997年、学内で免疫学者のドリュー・ワイズマン氏と知り合い、二人三脚の研究が始まります。当時、mRNAを細胞に注入すると、細胞が「異物が侵入した」と判断し、激しい炎症反応を引き起こしてしまいました。これでは人間に使えません。カリコ氏は、悪戦苦闘の末、炎症反応を起こさない方法にたどり着くのです。このあたりの詳細は前記書籍をお読みください。

 この研究結果に注目したのが、ドイツのベンチャー企業「ビオンテック」。新型コロナの感染が拡大すると、カリコ氏のmRNAの成果を応用して、ワクチン製造に成功したのです。まさにカリコ氏は「ワクチンの女神」(同書の表現)だったのです。
 

イラストレーション 3rdeye

source : 週刊文春 2021年10月21日号

文春リークス
閉じる