「『新しい資本主義』とは?」|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第498回

池上 彰
ニュース 社会 政治 経済

 1960年、当時の岸信介内閣が推進した安保条約改定をめぐり、政界は大混乱。国会に警官隊が導入され、改定反対を主張する野党議員を排除する騒ぎになりました。国会議事堂の周りには「安保反対」のデモが渦巻きました。

 安保改定を実現すると、岸内閣は退陣。代わって総理に就任したのが池田勇人です。岸内閣で日本国内は政治的に分断が進みましたが、池田内閣は「所得倍増計画」を掲げて国民の融和を目指しました。これを契機に、日本は「政治の季節」から「経済の季節」へと転換しました。

 その池田勇人の後援会としてスタートしたのが宏池会。その後、自民党内で大きな勢力を持つ派閥の名前になりました。

 現在から見ると、岸はタカ派、池田はハト派のイメージがあります。ところが池田は岸内閣で通産大臣(現在の経産相)を務め、評判の悪かった岸内閣を支えていたのです。自分とは考え方が異なるけれど、岸内閣を支えれば、次は自分が総理大臣になれると計算していたと言われます。岸の後継争いでは、自民党の重鎮だった大野伴睦も有力でしたが、結局、岸は自分を支えてくれた池田を後継総理に選びます。

 こうして総理になった池田ですが、岸の支援で総理になったというイメージがついて回り、“岸亜流”という批判も受けました。

 ところが、「寛容と忍耐」をキャッチフレーズに、「皆さんの所得を10年で倍増させます」と訴え、ブームになります。

 7月に総理に就任した池田は11月に解散総選挙に踏み切ります。慌てたのが当時の野党第1党の社会党です。格差の是正・貧困対策を訴えていたのに、池田の「所得倍増計画」で影が薄くなったからです。結果、選挙は自民党が圧勝しました。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年10月28日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫