週刊文春 電子版

岡山放送自殺 女性社員の泣きながら抗議音声入手

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

「待って下さい。発言させて下さい」

 9月27日、岡山放送本社9階の大ホールで開かれた社員説明会。100人ほどが詰めかけた会の終わりで社長を前に声を挙げたのは、ベテランの女性社員だった。

岡山放送の社屋

 小誌はこれまで二度にわたり、フジテレビ系列の岡山放送(OHK)社員・柏田貴一さん(30・仮名)が自殺した問題を報じてきた。柏田さんの死から約3カ月後の9月29日、OHKはついに社内調査結果を発表。中静敬一郎社長を減俸20%(3カ月)、パワハラをしたX氏を停職2カ月とする懲戒処分を決めた。

“フジのドン”日枝久氏は社外取締役

 柏田さんは今年3月からお笑いトリオ「ハナコ」の冠番組「ハナコのBuzzリサーチ」を担当。現場で長時間労働を強いられ、総合演出を務める上司のX氏からパワハラを受けていた。

「『殺すぞ』などと暴言を吐かれ、物を投げつけられたこともあった」(現役社員のA氏)

 小誌8月26日発売号での報道後、OHKは柏田さんの上司や同僚などへの本格的な聞き取り調査を開始。その間、ハナコの所属事務所に番組を9月末で打ち切ることを伝えている。

 さらに、OHKにはスポンサーからも抗議があった。

「大手自動車メーカーの関連会社や保険会社など地元有力スポンサーからは『CMの出稿を止めることを検討する』とお叱りを受けました」(OHK関係者)

 9月22日には社長ら幹部が柏田さんの遺族の元を訪れて謝罪。亡くなるまでの経緯を報告した。

 小誌が入手した調査報告書にはこう書かれている。

〈月100時間を超える時間外労働が発生し、特に6月14日から7月5日までは、休日も取得できていない状況でした〉

〈上司も多忙な状況にあり、徐々に過度な叱責や乱暴な言葉が増え、パワーハラスメントとみられる行為も一部確認されました〉

 OHKの労働組合が実施したアンケートでは、現場社員の約40%がパワハラを感じることがあると回答。ところが今回の処分では、現場で働く子会社の社員が軒並み減給となっている。

「経営陣は柏田が亡くなった理由を、現場の人間が長時間労働を見過ごしていたせいにしようとしている。しかし、社には構造的な問題があり、無理な組織改革をした幹部の責任が一番大きい」(現役社員のB氏)

 組織改革とはどのようなものだったのか。

「昨年2月、経営陣は社内の反対意見を押し切り、『社内のスリム化を図る』という名目で柏田を含む多くの社員を子会社に出向させた。番組は子会社が制作するようになりましたが、現場の人員は減り、若手ばかりの部署も増加。長時間労働の温床になったが、会社は組合に『短期的に残業が増えてしまうのは仕方がない』と説明していた」(同前)

 9月27日、OHKと子会社の全社員を対象に開かれた柏田さんの自殺に関する説明会。小誌はその場の音声を入手した。

 登壇した中静社長は「説明が遅れたことをお詫び致します」「ご遺族に誠心誠意対応致します」と語った上で、柏田さんの死について涙ながらにこう言った。

「手を差しのべられなかったのです」

中静社長

 だが――。

「ご清聴ありがとうございました」と社長が会を締めようとした瞬間、か細い女性の声で“待った”が掛かったのが冒頭の場面だ。女性社員は涙ながらに訴えた。

「悪かったとき、そういう時こそ『報告はすぐに、対応は素早く』とそう言われて今まで育ってきました。今回のことで会社の対応は余りにも遅すぎます」

 女性はさらに畳みかけた。

「社長のメッセージを最初に頂いた時、落胆しました。どう考えても『わからない』と、この段階で言われることはなかったと思います」

 会の出席者が説明する。

「社長は8月、柏田の亡くなった原因について『よくわからないとしかいいようがない』と社員にメッセージを発信したのです。ろくに調査をする姿勢が見られず、社員は呆れ果てました」

 女性社員の訴えに、中静社長は涙ながらにこう応じるのが精一杯だった。

「皆さんに対し、傷つけたことを深くお詫び申し上げます」

 会場では社員のすすり泣く声が響いていた。 

柏田さんが車で飛び込んだ現場

source : 週刊文春 2021年10月14日号

文春リークス
閉じる