週刊文春 電子版

「男の更年期」はこう防げ

《性欲減退 不眠 イライラ 急に発汗がサイン》《中高年の6人に1人、治療法は600円注射》

「週刊文春」編集部
ライフ 医療 ヘルス

 演出家のテリー伊藤(71)が最初に異変に気付いたのは、寝ている間、急に汗が出るようになったことだった。

「体温調節が出来なくなった。夏でも寒く、周りは半袖なのに僕は長袖。周囲から『季節が違うよね』と言われた。頻尿にもなりました。映画館で2時間以上の作品だと、2回くらいトイレに行くはめになるんです」

 病院に行くと、「男性更年期障害ではないか」と告げられ、生活習慣を変えるよう心掛けたという。彼が50歳になった頃だった。

精神的に辛く、うつ症状が出る人も

「更年期」は“女性の病気”という印象を抱く人も多いだろうが、実は男性にとっても他人事ではない。順天堂大学附属病院泌尿器科・堀江重郎教授が語る。

「この障害は『テストステロン』という男性ホルモンが減少することによって生じます。女性は閉経前後に必ず更年期が訪れるのに対し、男性は環境の変化やストレスによって発症します」

 前出のテリーも症状が現れたのは「激務が続いていた時期だ」と言う。タレントのヒロミ(56)、歌手の美川憲一(75)らも更年期の症状に悩まされていたと告白している。

更年期障害を患うテリー氏

「国内の潜在的な患者数は約600万人にのぼります。中高年男性の6人に1人が男性更年期障害であると言われているのです」(堀江氏)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる