週刊文春 電子版

「電磁波攻撃やめろ」狙われた新居浜親子3人の悲劇

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 交錯するいくつもの赤色灯が、闇に溶け始めた一軒家を不穏に照らし出していた。10月13日夕刻。主の岩田友義さん(80)は玄関先でうずくまり、妻のアイ子さん(80)と三男の健一さん(51)は、屋内の廊下に倒れていた。

「駆けつけた時には3人とも心肺停止の状態。胸部付近を複数回、深く突かれており、犯人の躊躇いが全く感じられなかった」(捜査関係者)

 四国三大祭りの「太鼓祭り」で有名な愛媛県東予地方の新居浜市。市の中央を流れる国領川は、穏やかな瀬戸内の海に注ぐ。その河川敷に、シルバーの軽ワゴンで車中泊を続ける不気味な男がいた。車内には、布団、蚊取り線香、地元の求人誌……。後に岩田さん一家を刃渡り13センチのナイフで惨殺し、逮捕される河野智(こうのさとる)容疑者(54)である。

送検の際は俯いて車に乗り込んだ

「岩田(健一さん)から電磁波攻撃を受けとる。会いに行って話つけたる」

 事件の1カ月弱前、河野からそんな連絡を受けた男性は「馬鹿げたことを言うなよ」と旧友をいさめた。だが、河野は直後の9月23日、岩田さん宅に押しかけ、警察沙汰を起こす。その日、健一さんは不在。警察に通報し、河野を追い払ったのが、友義さんとアイ子さんの老夫婦だったのだ。

「河野と健一さんは元職場の同僚。河野は『電磁波を当てられる』、『盗撮される』などと健一さんに一方的な恨みを募らせ、さらに両親も標的に加えたとみられています」(社会部記者)

 不条理な妄念を増幅させた末、3人の命を数分足らずで奪い去った河野。逮捕時は住所不定だったが、元は新居浜市内の小中学校を卒業した地元の人間だった。

「昔はワルだったけど、自分より弱い老人を刃物で刺すような男じゃなかった」

 友人は、河野の変貌に戸惑いを隠さない。

 河野が思春期を過ごしたのは、全国で校内暴力が吹き荒れていた1980年代前半のこと。中学の頃は教師に注意されれば「やかましいわ!」と言い返すような不良生徒の一人だった。

「どこも学校が荒れている時代やったからね。校舎裏で煙草を吸ったり、シンナーやったり。小さいけどすばしっこく、頭の前方に目立つ傷があった智は、それがネジに見えるので、『ビスザル』と呼ばれることもあった」(小中の同級生)

中学時代の河野容疑者(卒業アルバムより)

 高校進学を控えた時期には、仲間たちと職員室に殴り込みをかけたことも。別の同級生が振り返る。

「あれは俺らにも理由があって。高校に出す内申書にとんでもない内容が書かれていることが分かり、『こんなん書かれたら高校行けんやろ!』と教師に文句を言いに行ったんですよ」

 その前後に両親が離婚したという河野は、故郷を離れて祖母のいる県西部・大洲市の高校に進学。その後、新居浜に舞い戻ってくると、暴走族の真似事を経て、鳶の仕事に就いた。

 やがて地元の年下女性と結婚。当時、交流のあった男性が語る。

「夫婦は男の子を2人儲けて、河野も普通のよい父親だった。釣り好きで、『子供と海でカレイを釣ってきた』と楽しそうに話していたよ。少なくとも30代までは、おかしなところはなかったんです」

妻と離婚し酒浸りに

 しかし、手にした幸せも長くは続かなかった。

 住友グループの企業城下町でもある新居浜は鉄鋼業が盛んな都市。その頃、河野も溶接などの職に就いていたが、ある経営者はその仕事ぶりに懸念を抱いた。

「昔、現場仕事の手伝いを頼んだが、自分のやりたいようにやって、協調性に欠けているところが気になりました。案の定、周囲とうまくいかず、その後も職場を1、2年で転々としていると噂で聞いた」

 やがて妻とも離婚。河野は一時期、酒浸りの生活を送った。父親の借金で実家は売却され、帰る場所もない。孤独を深める河野の内に、狂気が芽生えていった。

「何見とるんじゃ!」

 今から6年前。香川県高松市のアパートで1人暮らしをしていた河野は、荒み切っていた。

「しょっちゅう喚き散らしていて、関わりたくない人でした。他の部屋のドアをガンガン蹴るので、アパートの住人は彼を残してみんな出ていってしまって。夜勤の仕事をしていたようですが、結局、家賃の未払いがかさんで、強制退去になりました」(近隣住民)

 その後、鉄鋼関係の職場で同僚となったのが、健一さんだった。

「2人が初めて会ったのは3年ほど前、同僚ら4人で行った食事の席だったそうです」(健一さんの知人)

 以後、河野は「電磁波止めんかい!」などとネットに書き込み、健一さんら特定の人物に敵意を剥き出しにする。同時にかつての友人たちも河野の異変に気付き始めた。先輩男性の証言。

「頻繁に連絡が来るようになったのは1年前。岩田の名前を出して『電磁波攻撃が入ってくる。警察に何度も言ったが、取り合ってくれん』と。そんなことないやろと言うしかなかった」

 無論、そんな加害の実態は存在しない。では、岩田さんたちは、どんな家族だったのか。

 友義さんは、瀬戸内に浮かぶ香川県観音寺市の伊吹島出身。中学を出て漁師をしていたが、稼ぎのいい鉄鋼業に転職し、新居浜の地に移り住んだ。

 40年来の付き合いがあった会社の社長が語る。

「すごくおしゃべりで明るい人でした。下の子の健一くんを可愛がっていて、うちで一緒に働いていた時期もありました」

 妻のアイ子さんは、自宅外に置いたプランターでネギや水菜、パセリなどの野菜を作るのが得意だった。

「奥さんも社交的で、楽しそうに友達と井戸端会議をしている姿を忘れられません……」(近隣住民)

 三男坊だった健一さんは周囲から「健坊」「健ちゃん」と親しまれた。松山市内の高校を出た後、溶接工として働いていたが、近年は体調を壊し、実家で両親と暮らしていた。

 夫婦は伊吹島への墓参りは大変だろうと、定住した新居浜市内にお墓を購入していた。この地で育った子供たちへの配慮だった。

 かくも善良な家族に、得体のしれない恐怖を突きつけていたのが、河野の存在だったのだ。

 事情を聞いていた岩田さんの親族は、街で河野と出くわした際、こう諭した。

「健一は機械オンチなんじゃ。電波とかそんなん、お前の勘違いぞ」

 しかし、河野は聞く耳を持とうとしなかった。

「でも、攻撃されとるんじゃけん。バックに組織がおって、電磁波を当ててきよるんじゃ」

 話をつけようと、河野の行方を捜す健一さんの友人もいた。だが、当人が河川敷で車中生活をしていようとは、この時、知る由もなかった。その間にも、河野の中に巣くう妄執は、野放図に広がっていく――。

「刃物を捨てろ!」

 犯行当日。アイ子さんから通報を受け、臨場した地域課の警察官が、拳銃の銃口を向けた。現場にいた河野はおとなしく従い、現行犯逮捕された。だが、全てが手遅れだった。

 逮捕後、河野は3人の殺害を認める一方、「あいつらが悪い」と言い放った。

 親族の一人が憤る。

「今はまだ感情が追いついていません。ただ、河野には相応の報いを受けてもらわないと気が済まない」

 理不尽な惨劇に見舞われた一軒家。モスグリーンの屋根に、秋の陽射しが哀しく降り注いでいた。

 
岩田さん一家が暮らしていた家

 

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる