週刊文春 電子版

斉藤慶子 資産150億でも水着になるワケを語った!

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

「水着を着ること自体が17、8年ぶりですごく勇気のいることだったけど、やってみて本当に良かったと思います。同年代の人にも見ていただいて、元気になってほしいですね。

 カメラマンの腕がいいから、修整や加工はまったくしてないんですよ(笑)」

 こう語るのは、約30年ぶりに水着グラビアを披露した女優の斉藤慶子(60)である。

JALキャンペーンガール時代の斉藤

 昨年、大胆なビキニ姿を披露して大きな話題を呼んだのが宮崎美子(62)。

 その宮崎に触発されて“一肌脱いだ”のが、国立熊本大学の後輩にあたり、今年還暦を迎えた斉藤だ。11月には海辺やプールサイドで撮影されたビキニ姿をおさめたカレンダーが発売される。

「普段はスカートもはかないし、海に行っても水着を着ることがほとんどないので、いまの私にグラビアは遠い世界のことでした。でも、宮崎さんのグラビアを目にした時に、すごく素敵だなと思って。20代の時に自分が撮ってもらった思い出も蘇ってきて、あの頃のことを懐かしく、いとおしく思っていたんです。そんな時に、グラビアのお話をいただいて、今の自分にできるかチャレンジしてみようと」

 来年で芸能活動40年。デビューのきっかけは1982年、熊大在学中にJALのキャンペーンガールに抜擢されたことだった。ベテラン芸能記者が語る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる