週刊文春 電子版

新庄監督 待望の裏に日ハム選手の「稲葉ならやめる」

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 スポーツ

 昨季まで2年連続5位、今季も最下位争いに終始した日本ハム。低迷から抜け出せないチームから“仰天人事案”が飛び出した。

 10月23日、スポニチが栗山英樹監督(60)の後任に新庄剛志(49)の就任が有力とスクープ。翌日には日刊スポーツが新GMに稲葉篤紀(49)が就任する見通しと報じたのだ。

日ハムを10季率いた栗山監督

 今季の日ハムはトラブルが連発。8月には中田翔がチームメイトへの暴力事件で謹慎処分となり、直後に巨人に電撃移籍した。

 さらに球団がツイッターに投稿していた動画も炎上。万波中正が声出し役を担った円陣で、チームメイトが「日サロ(日焼けサロン)行きすぎだろ」と発言。ファンの間で「人種差別だ」と批判が巻き起こったのだ。

「イメージの悪化とファン離れを危惧した日ハム本社が主導し、球団の刷新に動き出した。そこで白羽の矢が立ったのが“北の英雄”新庄です」(地元記者)

16年ぶりに北の大地に凱旋!?

 新庄は阪神やメジャー球団で活躍後の04年、北海道に移転したばかりの日ハムに移籍。派手なパフォーマンスでファンを沸かせ、06年には球団44年ぶりの日本一に貢献した。

「日ハムは2年後に新球場を開場予定。新庄というスターの効果で観客増を狙いたい本社サイドの強い意向が働きました」(同前)

 指揮官としてはどうか。

「一見“感覚派”のようだが、阪神時代に野村克也監督の下で考える野球を習得。稲葉も『陰ですごく練習しているし、本当に野球のことを知っている。選手からの人望も厚い』と絶賛している」(スポーツ紙デスク)

鉄壁の右中間コンビだった

 だが日ハムの次期監督は、球団OBで、侍ジャパンを率いて東京五輪で金メダルを獲得した稲葉に内定していると見られていた。“落選”した理由を前出の地元記者はこう明かす。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月4日号

文春リークス
閉じる