週刊文春 電子版

「若者たちは眞子さんに憧れている」

眞子さん、小室さん結婚「私はこう考える」第4弾

ニュース 皇室 ライフスタイル

「草食系」や「年の差婚」などの流行語を広めた、世代・トレンド評論家の牛窪恵氏(53)。眞子さん、小室さんの結婚に批判的な声もある中で、彼女が若者たちに話を聞いてみると、肯定的な意見が多かったという。

“Z世代”の佳子さまも姉に憧れている?

「あんなに『好き』を貫ける相手に出会えるなんて、眞子さんが羨ましい」

 私が先日、眞子さんよりも少し下の、Z世代(私の定義で今の17~26歳)の女性たち20人に取材をしたところ、何人もが口を揃えてこう答えたのです。

 Z世代は多感な時期に、リーマンショックや東日本大震災など、大きな社会不安を目の当たりにしてきました。それゆえ経済面では堅実で、リアリストになる傾向が強いと言われています。そんな彼女らが、なぜ憧れを持つのか。それは、眞子さんの行動が“打算的”ではなかったからです。

 相手をどんなに好きでも、親に結婚を反対されたら、将来親の手を借りられなくなるから諦める。相手が弁護士資格を取るまで、結婚は様子見する。眞子さんと同じ選択肢を向けられた時、Z世代の多くは現実的な方を選ぶと言います。しかし眞子さんは障壁をものともせず、行動に移しました。その思いを貫いた姿に、「自分にはできない」と、彼女らは憧れを抱いたのです。

 仕事面でも同様です。眞子さんの就職先は未定ですが、彼女がこれまで培ってきた得意分野である、博物館等に就職する可能性が高いと言われています。

 一方、Z世代は「自分は好きな仕事でお金を稼げるとは思えない」、と達観している人が多い。つまらないと思いつつも、生活のために本業をこなし、好きなことは副業ですればいい、というスタンスなのです。彼女らにすれば、得意分野を活かして仕事もしつつ、小室さんとも家庭を築くことが出来そうな眞子さんの未来は、大変そうでも理想的に見えるのではないか。

 今後、Z世代にあたる妹の佳子さまが、どのような道を進まれるのかも興味深いです。この世代らしく、堅実なお相手を選ぶのか、それともお姉さまと同じ、周囲に反対されてでも好きになったお相手と一緒になることを選ぶのか。今後の眞子さんの結婚生活の行方も、佳子さまの決断に影響を及ぼすでしょう。

 結婚会見では2人の“夫婦関係”も見て取れました。

 眞子さんはあの場で、NYに拠点を移す計画や、小室佳代さんの元婚約者との金銭問題について、自身も関わってきたことを明らかにしました。金銭問題など、表沙汰になっていたとはいえ、結婚前のカップルは、互いの家族の内情には触れたがらない。実は私の夫も、結婚直後に実家の事業の失敗が判明し、私には言いにくそうでした。しかし2人は隠すことなく、率直に意見を言い合えた。いわゆる“友達夫婦”なのです。

 小室さんにはその素養があったと思われます。シングルマザーの家庭や母親と仲の良い男性の多くは、母を裏切ってはいけない、喜ばせたいという思いを持っている。それゆえ、聞き上手で、相手を喜ばせる術に長けている男性が多い。

 小室さんも、母親の希望通りの道を歩んだり、恋人の話などプライベートなことも、日常的に相談していたようです。だから、眞子さんにも心配事や不安を隠すことなく、率直に伝えやすいのではないでしょうか。互いの身に起きたことを共有して支え合う“友達夫婦”という関係性を築けているのだと思います。

 NYでの暮らしは決して楽ではありません。私の経験でいうと、物価は高く、アジア人差別もまだ残っています。アメリカの法律事務所は「今日じゅうに出て行ってくれ」などと、急なクビの宣告が日々行われる、厳しい世界でもある。今後、思わぬ試練にぶち当たる可能性も無いとは言い切れません。

 2人がこれまでのように、何でも言い合える関係であることが、今後のNY生活の重要なポイントとなるのではないでしょうか。

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる