週刊文春 電子版

無料公開中

新たな中絶告白も…ゴールデンボンバー歌広場淳に二股告発女性相次ぐ

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

“ヴィジュアル系エアーバンド”ゴールデンボンバーのメンバー、歌広場淳(36)。「週刊文春」11月18日号では、歌広場が不倫の末、相手女性A子さんが切迫流産、妊娠中絶に至っていたことを報じた。2016年に結婚し、今では二児の父でもある歌広場は活動自粛を発表した。

 

 ただ、彼は結婚前後にわたり、並行して多数の女性と交際していた。中にはやはり妊娠中絶に至ったケースもある。

 現在30代のB子さんは、秋葉原のメイド喫茶で働いていた10年ほど前、客として訪れた歌広場に声をかけられ交際開始。だが、歌広場が別のメイド喫茶店員と交際していると耳にしたB子さんが歌広場を問い詰めると、彼はそれを認めた。「本命の彼女の存在を知らされず、二股をかけられていました」。歌広場が初めて交際した男性だったというB子さんは、今もそう憤る。

B子さんへのSNSメッセージ

 同様にメイド喫茶勤務のC子さんも、歌広場に声をかけられ交際を始めた。半年後、歌広場からの電話に出ると、声の主は「歌広場の恋人」を名乗る女性。女性は言った。

「ごめん、無理だから堕ろして」

「ご存じないと思いますけど、今同棲していて、結婚もします」

 真剣に付き合っていたつもりのC子さんは、歌広場の隠していた事実に大きなショックを受けた。

 そして同じく、現在の妻との交際が始まっていた時期、その事実を隠されて交際していたのがG子さん。G子さんは交際2年を経た2016年、検査により妊娠が判明した。

「『喜んでくれるかな』と、ちょっとは思っていたんです」(G子さん)

歌広場淳(左から2人目)

 だが、歌広場の言葉は「ごめん、無理だから堕ろして。認知もできない」。そして中絶手術の同意書のパートナーの欄には、歌広場が本名でサインした。その後もズルズルと付き合いが続いた数カ月後、歌広場は現在の妻と結婚することをG子さんに告げたのである。

 これらの女性たちとの経緯について歌広場の所属事務所に質問状を送ったが、回答はなかった。

「週刊文春」の取材によって明らかになった他の女性たちの存在、そして同誌前号の報道後、歌広場が取った行動など、詳しくは11月17日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」、および11月18日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる