週刊文春 電子版

新庄を操る稲葉GM 恐怖人事に選手が怒りの一言

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 スポーツ テレビ・ラジオ

「事実上の“クビ宣告”を、いきなり叩きつけた。功労者に対して酷い仕打ちです」

 日ハム・稲葉篤紀GM(49)に球団関係者はこう憤りを露わにする。

ビッグボスも逆らえない稲葉GM

「ビッグボス」を自称する新庄剛志監督(49)が破天荒な公約と奇抜なファッションなどで、連日話題を振りまいている日ハム。

「今季は中田翔選手の暴行問題があり、試合前の円陣で人種差別発言があった動画も拡散。悪いイメージを払拭するのに躍起です」(スポーツ紙記者)

 18日には人気番組『芸能人格付けチェック』(テレ朝系)に、新庄監督と稲葉GMが出演することも発表。新庄監督はインスタグラムで〈稲葉GMあっちゃんを強引に誘いOKもらいました〉と、和気藹々とした雰囲気をアピールした。しかし、「2人の関係は特に良いわけでは無い」と前出の記者は語る。

「日ハムはフロント主導の球団。GMの言うことに監督は口出しできません。栗山英樹前監督も、選手の獲得情報などをGMから事前に伝えられたが、基本的にNOと言うことはなかった」

 新庄監督も例外ではない。

「コーチ人事で意見が対立することもあったが、稲葉GMと吉村浩チーム統括本部長が主導して決めた。いいように操られているのです。それが如実に表れたのが、大田泰示外野手、西川遥輝外野手、秋吉亮投手との契約でした」(同前)

自由契約となった西川

 事件が起こったのは16日午前。秋季練習中の鎌ケ谷スタジアム内の一室に、大田、西川、秋吉の3選手がそれぞれ呼び出された。

 部屋にいたのは稲葉GM、吉村統括本部長、遠藤良平GM補佐、岩本賢一チーム統括本部副本部長の幹部たち。張り詰めた空気の中、稲葉GMは開口一番、非情な通告をした。

「来季は契約を結ばない。ノンテンダーにします」

 

 ノンテンダーとは球団が選手に来季年俸を提示せず、市場に放出すること。事実上の“クビ”だ。冒頭の球団関係者が話す。

「吉村氏は一言も話さず、稲葉GMが淡々と告げた。稲葉GMはメディアに対して、『3選手と来季以降のプレー環境について協議した結果』と説明しているが大嘘。協議は一度もなく、選手たちは青天の霹靂だった」

 過去にも数回、ノンテンダーを通告したことはあるが、協議が無いのは異例だ。この“恐怖人事”に3選手は激怒し、周囲にこう漏らしている。

「こんな酷い扱いされていいのかよ!」

「ふざけんな! どっか書いてくれないかな」

 スポーツ紙デスクが言う。

「彼らは今後交渉する球団に『ウチと契約しないと行く場所はないでしょ』と待遇面で足元を見られる可能性が高い。他の選手たちも不信感を募らせ、稲葉GMと球場ですれ違っても挨拶する選手は少ないそうです」

 さらに新庄監督にも疑惑が――。就任の発表の10月29日、新庄監督はインスタグラムに阪神時代の恩師の故・野村克也氏の仏壇の写真を掲載。〈こんな僕が監督になれた事を改めて報告してきました〉と、さも仏前に手を合わせたかのように記した。だが、野村氏の息子・克則氏宅に話を聞きに行くと、「亡くなった直後は来ましたが、就任後は来ていませんよ」という。

報道で取り上げられない日はない

 日ハムに事実確認を求めたが、回答はなかった。

 以上、選手の「どっか書いてくれないか」との希望通り、書かせて頂きました。

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる