週刊文春 電子版

報道を続ける「週刊文春」の下品さ|森暢平

小室さん、眞子さん「私はこう考える」拡大版

森 暢平
ニュース 皇室 ライフスタイル

 かつて毎日新聞で皇室取材を担当、現在は成城大学文芸学部教授の森暢平(ようへい)氏(57)は、小誌を含む週刊誌の小室さん報道を厳しく批判し続けてきた。

 私は、『サンデー毎日』の連載「社会学的皇室ウォッチング!」で、小室眞子さん・圭さん夫妻をリベラリズムの立場から擁護する論陣を張っている。小室さんバッシングを続けてきた『週刊文春』から、私への執筆依頼には戸惑いを覚える。一方、保守というものは寛容をその旨とするはずだから、保守を自認する『週刊文春』ならではの余裕だとも感じるので、依頼を引き受けることにした。

森氏の『サンデー毎日』の連載

 文春報道のいくつかには言いたいことがある。例えば、2019年2月28日号の〈真贋鑑定 小室圭さん「コイン詐欺」と「宮内庁なりすまし写真」〉と題する記事である。眞子さま(当時)は13年、英国エディンバラ大学での留学を終え、約1カ月の欧州旅行をした。

 その際、小室さんが宮内庁職員になりすまして同行していたという噂を検証した記事である。小室さんが帰国する際、羽田空港で撮ったとされる写真がネット上にあり、左襟に着いたバッジが宮内庁の記章ではないかとネット上で騒ぎになっていた。

 文春は、この写真は、東京ビッグサイトの就職活動セミナー参加中のものだと突き止めた。バッジが大きさやデザインから宮内庁記章でないことも指摘した。つまり、噂を完全に打ち消す記事である。

 文春のタイトルは、小室さんが「宮内庁職員なりすまし」という疑惑があることをネタに「真贋鑑定する」というスタンスである。しかし、疑惑を否定するタイトルを立てるのではなく、小室さんの周囲にはさまざまな疑惑があり、そのひとつであることを想起させる曖昧さを残す。週刊誌記事のタイトルは新聞広告となり多くの人の目に触れる。疑惑と事実とを混同する人が出現してしまう。

 現にいまだにネット上では「欧州旅行同行疑惑」「なりすまし疑惑」の新たな書き込みが続き、本当のことだと信じている人が少なくない。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる