週刊文春 電子版

米名門大が8000品目を分析「体にいい食品」点数リスト

《100点 大豆、豆腐…やっぱり豆“最強”》《1点 白米、寿司、ボトル入り緑茶》《ヨーグルト、豆乳、牛乳の勝者は…》

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル ヘルス

 8000品目を超える食品を100点満点で採点――いかにもアメリカらしい大規模な研究が発表された。膨大な量のスコアからピックアップした表を、私たちはどう読み取り、どう役立てればいいのか? 内外の識者が徹底解説!

 自分が今食べている食品、体にいいのだろうか。100点満点なら何点くらい?

 そんな素朴な疑問に答える研究が米国で発表された。10月14日、8000品目を超える食品の“健康度”をスコア化したリストと論文が、科学誌『ネイチャー』の食品部門『ネイチャー・フード』に掲載されたのだ。

 それが「フードコンパス」。全米大学ランキングで上位30校に入るタフツ大学の栄養科学政策学部長で、2015年のトムソン・ロイター社が選ぶ「世界で最も影響力がある科学者」の一人に選出された、D・モザファリアン氏のチームが開発した。

 9領域、54の属性をもとに、食品の健康度を採点。米国の代表的な食品データベースに登録された食材や料理を、最高100点から最低1点までスコア化したものだ。米ニューズウィーク誌が取り上げるなど反響を呼んでいる。

 モザファリアン教授は小誌の取材にこう語る。

「フードコンパスは、日本を含む世界中で使用できるように設計されています」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月9日号

文春リークス
閉じる