週刊文春 電子版

長嶋一茂が明かしたミスターと絶縁13年 「生きているうちに会うことは二度とない」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 スポーツ

 85歳の長嶋茂雄が文化勲章を親授された先月、長男は雑誌連載で父と絶縁状態だと初めて自ら明かした。妹・三奈とも連絡がつかないという。長嶋家で何が―。

「ファンあってのプロ野球なので、もっと一生懸命頑張っていきたい」

 11月3日、巨人軍の長嶋茂雄終身名誉監督(85)は、皇居で行われた文化勲章の親授式を終えると、こうコメントを発表した。球界の振興に取り組んできた長嶋にとって、天皇陛下からその功績が認められた一世一代の晴れ舞台。車椅子に乗る長嶋に、スポーツキャスターの次女・三奈(53)が付き添っていた。

スポーツキャスターの次女・三奈

 約3週間後の11月25日。この日、発売の月刊誌「ゲーテ」(幻冬舎刊)に掲載されたのは、衝撃的なエッセイだった。

〈父とは、もう13年会っていない〉

 筆者は、長嶋の長男・一茂(55)。自身の連載「…。ハワイに行けないから…書いてみた。」(第9回)で父と13年間にわたり、絶縁状態にあることを初めて自ら明かしたのである。

55歳になった一茂

 エッセイはこう続く。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる