“勇ちゃん”村上虹郎が語った60分「“母”との関係」「北斗君」「エゴサーチ」

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を10倍楽しむ10の秘密

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「今までサイコパスなキャラや銃を撃つような役が多かったので、家族みんなで食卓を囲むシーンは逆に新鮮でした。今まで使ったことのない脳味噌の使い方をすごくしましたね」

 そう語るのは、いま人気急上昇の雉真家の次男・“勇ちゃん”こと村上虹郎(24)だ。

“勇ちゃん”の優しさは読者からも厚い支持(写真 NHK提供)

 14年公開の映画「2つ目の窓」でデビューした村上。以来、実力派の若手俳優として、計26本の映画に出演するなど着実にキャリアを重ねてきた。ただ、今回の「カムカム」出演はこれまでとはまた違う反響を得ていたようで、

「ツイッターや、エゴサーチ(自分の名前で検索)をしたりして、朝ドラならではの反響の大きさを知りました。勇が『カッコいい』と言われると、嬉しいですね。良いヤツというだけでなく、カッコいいと言われると『いいじゃん、勇ちゃん』と思います」

 放送後は両親からも連絡が来たという。村上の父は俳優の村上淳、母は歌手のUAだ。

「親父は家にテレビが無いのですが、たまたま入った鰻屋で放送を目にしたらしく、『いい感じじゃない』とLINEが来ました。普段はあまりテレビを見ない母からも、今回ばかりは『見てるで。めっちゃ泣いてる』と連絡が来て。ビックリしました」

 長丁場の撮影で最も印象に残っていることを尋ねると、最初に出てきた名前が、雉真家の“母”だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年12月23日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる