週刊文春 電子版

かっこよすぎる秋篠宮の静けさ いい加減にしておきたい、けど

テレビ健康診断

青木 るえか
エンタメ 皇室 テレビ・ラジオ

 結婚会見からこっち、小室圭・眞子夫妻から目が離せず、もうほっといておあげなさいと言ったり書いたりしておいて自分ではほっとけなくなっていて本当にご夫妻には申し訳なく思う。

 そこにさらに来たのが秋篠宮誕生日会見。これには衝撃を受けた。テレビで見てこれはすごいと思いネットで一問一答全文書き起こしも読んだらさらにすごかった。私がいちばん「すごい」と思ったのが、「(眞子さんが公ではなく私を優先させたと批判されてたがこれまでも常に公を優先させてきたのにそれでもまだそんなこと言われるなら)10年経っても20年経っても結婚はできないということになるかと思います」と言い切ったところ。言ってることがもっともな上に、そこに「静かな怒り」「静かな呆れ」をきっちり表現しておられる。もうドキドキした。かっこよすぎる。セクシーですらある。

©️JMPA

 そのような発言の後に、小室圭さんと会った印象を聞かれて「特にない」とか、質問には文書じゃなくてナマで答えたほうがよかったとか、小室文書は一読で理解は難しいとか、「コムロ」も「ケイ」も発音することなく「夫の方」しか言わないという、こりゃ「花嫁のパパ、婿さん気に入ってない」状態があからさま。私が何よりも感銘を受けたのがこれですよ。「いくら娘の配偶者が気に入らないとしても、成人した娘の結婚には口は出さない。両性の合意で結婚はなされる」という一貫した態度。

 と、このように感動をしていたのに、『ゴゴスマ』を見ていたら、花嫁の父が不満があるようだとわかった途端「小室さん問題」を大手を振って、喜びをかみ殺したような顔でやり始める(『ゴゴスマ』だけじゃなく他局もその調子だった)。それから、これはニュースでもそうだったが「秋篠宮様は週刊誌やネット上の書き込みにご不満」「許容できないとお考え」などとまとめていて「それ違うぞ」と思わず声が出る。秋篠宮、ちゃんと言ってましたやん、「(週刊誌の記事には)非常に傾聴すべき意見も載って」いると。だからへんなことが書いてあっても「全てを否定するという気にはなれません」て。秋篠宮は誹謗中傷はいかんと言ってるだけで、言論統制しようなんてことは微塵も言っていない(そこはものすごく気をつけてると思われる)。なのにネットは「不敬罪復活を狙う秋篠宮発言」とか、他人事ながら気の毒になってくる。

 数日後の愛子さま成人ニュースはまだ大人しい報道でありましたが、この先適齢期になったらどんなことを親切ごかしで言われるのかと思うだけでウンザリするので、やっぱりあらゆることは「ほっておいてさしあげる」べきだろう。私ももう、いい加減にしておきたい。

『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』
TBS系 月~金 13:55~
https://hicbc.com/tv/gogosmile/

source : 週刊文春 2021年12月23日号

文春リークス
閉じる