週刊文春 電子版

最後に見たいあのシーン ラストはどうなる!?

テレビ健康診断

亀和田 武
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 誰が殺したクックロビン(駒鳥)。ドラマ『最愛』の殺人事件を巡って、ネット上で過熱する“犯人探し”を目にすると、英国の童謡「マザーグース」の一篇が思い浮かぶ。

 今期のドラマでは、『最愛』は断トツのクオリティを誇る。さらに見逃し配信再生回数は、TBSドラマ史上最多を記録。SNSでの言及も急増中だ。

 高校生のとき酷(むご)い事件に巻きこまれかけた梨央(吉高由里子)と、初恋の相手の大学生、宮崎大輝(松下洸平)が、十五年後に事件の重要参考人と、捜査一課の刑事として再会する。

梨央を演じる吉高由里子 ©文藝春秋

 最初はぎこちなかった二人が、故郷の白川郷の話から、岐阜県飛騨の方言で喋りだす場面がグッとくる。「大ちゃん」「梨央」と呼び合う二人。ダークなサスペンス劇の芯には、タイトルの“最愛”がある。

 殺されたのはレイプ・ドラッグを使い何人もの女子大生を暴行し、事件直後に失踪した大学院生の渡辺康介。十五年後に康介の白骨化遺体が山中で発見されると、息子の行方を追っていた父の渡辺昭(酒向芳)の死体も世田谷の池で見つかる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる