クローン技術で死んだペットを蘇らせる、というビジネスの記事を読んだことがある。あるいは、写真を元に作られた死んだペットそっくりのぬいぐるみが届いて涙を流す飼い主の動画を。最初は隠しようもない嫌悪感を覚えた。根本的にはまるで違うそれらに大好きだった存在を重ね、あの子が帰ってきたと言わんばかりに抱きしめる姿に、そんなのむしろ冒涜だろ、と感じていた。犬を家族に迎えた今、もうあの頃の自分と同じようには考えられない。これは私の愛したあの子じゃない、そう分かっていながらも、その体温や触り心地に縋りついてしまうと分かっているから。『光が死んだ夏』のよしきのこと、非難なんてできない。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2024年6月27日号