週刊文春 電子版

オダギリジョーが「下さい!」カムカムで欲しがったモノ

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「休憩中も共演者たちと談笑するのではなく、常にトランペットの指の動きや頬の膨らませ方を練習しています」(NHK関係者)

 現在放送中の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で、ヒロインのるい(深津絵里・49)と恋に落ちるトランペット奏者・大月錠一郎を演じているのがオダギリジョー(45)だ。

 

「休憩中のみならず、スタッフとの打ち合わせ中も劇中の錠一郎と同じように指が動いている(笑)」(同前)

 カムカムの現場でもストイックな様子のオダギリだが、もともと役作りには定評がある。

「2014年の連ドラ『リバースエッジ 大川端探偵社』(テレ東系)で演じた主人公の探偵が、事務所で寝泊まりして髪がボサボサのだらしない人物という設定だった。そのため現場入りしたオダギリの髪も脂ぎっていた。お風呂に入っていなかったようで、現場スタッフの間では『オダギリさんがちょっとにおう』と話題に」(芸能デスク)

 オダギリの俳優デビューは1999年のこと。翌年出演した「仮面ライダークウガ」で主人公・五代雄介を演じ、大ブレイクを果たしたが、当時はかなり“尖っていた”という。

 

 そもそも特撮嫌いだったオダギリは、前年受けた別の特撮ドラマのオーディションで、自分なりの変身ポーズを求められるも、

「自分が俳優の勉強をしているのはリアルな芝居をやるためであって、ヒーローになるためではない」

 と持論を展開。拒絶したという。

「しかしそれが却って印象に残ったのか、翌年『クウガ』をやらされることになった」(前出・芸能デスク)

 取材の現場においても、

「まだ若手なのにインタビューの聞き手を自ら指名。質問してもちゃんと答えてくれなかったり、原稿も本人が確認し朱字を入れていた。でも足りない言葉を補ってくれるので、元の原稿より面白くなって戻ってきた(笑)」(芸能記者)

 さらに、「記事に愛称の『オダジョー』と書くのはNG」というルールも存在。

 そんなオダギリだが、30歳を過ぎて言動に変化が生じた。

「エレベーターの中など撮影の合間に質問をしても気さくに応えてくれたり、取材したライターの顔も覚えてくれるようになった。『役者としての信念より、大事なものがある。結局仕事は仕事。“使いやすい役者”になる』と言うようになり、結婚したことが大きかったかと感じた」(同前)

謎の男としてるいの前に現れた錠一郎[NHKより]

 オダギリは08年に当時21歳の香椎由宇(34)と結婚。11年に長男が、14年に次男が誕生した。

「当時のオダギリさんは長期の海外ロケも多く、ほとんど家にいなかった。そのため、香椎が仕事をセーブして子育てに専念。しかし、1歳だった次男を病気で亡くす悲しみを経て、今は家族との時間をとても大事にしている」(同前)

 前出のNHK関係者が明かす。

「カムカムで、食事シーンに出てきた料理が美味しかったのか、料理指導の先生に『レシピを下さい!』と言ったそうです。オダギリさんも料理をするようになったのかと驚きました」

 すっかりオトナになったオダギリ。ライダーだけあって“変身”はお得意!?

深津は、錠一郎が訪れるクリーニング店の店員役

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる