週刊文春 電子版

深津絵里を「カムカム」に導いた「不良10代」「母との別れ」「内縁の夫」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で2代目ヒロインを務める深津絵里。大分のヤンチャな少女はいかにして、“ひなたの道”を歩む女優にまで上り詰めたのか。恩人、同級生、監督らが彼女の知られざる実像を明かした――。

「あの時の13歳がこんな49歳になるなんて、思わんかったなぁ……。去年、朝ドラの出演が決まった時にメールしたら、『緊張してるけど、楽しみです』と返事が来た。るいの岡山弁は九州の方言と少し似ているところがあって。絵里ちゃんが10代の頃、銀座でお母さんと方言全開で話していたら、『銀座で言わんでもらっていいかね』って恥ずかしがって。『あんたも大分県人やろー!』と言って、2人で絵里ちゃんを怒らせたりして(笑)」

1973年生まれの49歳

 そう目頭を熱くするのは、女優・深津絵里(49)と家族ぐるみの付き合いをしている飯倉里美さんだ。

 深津が2代目ヒロイン・るいを演じるNHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。現在は、安子(上白石萌音)の娘・るいが故郷の岡山を離れ、大阪で運命の人と出会い、京都で母へと成長する姿を描いている。実年齢から30歳も離れた18歳役の熱演も話題を呼び、番組最高視聴率(18.6%)を更新中だ。

クリーニング屋の看板娘を演じた(「カムカム」より)

「そろばんやあんこの炊き方など慣れない動作も多いはずですが、深津さんは馴染むまで徹底して練習してきます。それっぽく見えるだけでは気が済まない。本当のプロフェッショナル。三谷幸喜監督が『NGを絶対出さない、台本も見ない女優』と絶賛するのも分かります」(NHK関係者)

 いまや日本を代表する女優へと上り詰めた深津。彼女の物語は、Since1973 大分県で始まった――。

 母の故郷である別府市で生まれ、大分市郊外の数千の戸建てが並ぶ新興団地で育つ。襟足を刈り上げたショートカット。コムサのシックな洋服に身を包んだ少女は、団地でもひときわ目を引く存在だった。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月10日号

文春リークス
閉じる