週刊文春 電子版

バイドゥとの合弁事業は難しかった|三木谷浩史

三木谷浩史「未来」 第31回

三木谷 浩史
ビジネス 社会 経済 国際 企業

 僕が最後に中国に行ったのは、今から4年ほど前のことになる。

 この時に訪中した目的はビジネスではなく、理事長を務めている東京フィルハーモニーの公演が上海で催されたからだった。日中国交正常化の45周年を記念したコンサートで、上海交響楽団音楽庁でチャイコフスキーの「交響曲第5番」などを聴いたのをよく覚えている。

 楽天グループと中国の関係と言えば、昨年3月、IT企業・テンセント(騰訊)からの出資を受けたことに対し、経済安全保障上の問題があるのではないか、と指摘を受けたこともあった。しかし、これは誤解も甚だしい。あくまでテンセントの投資子会社からの資金であり、彼らはテスラなどアメリカの企業にも同じように投資している。楽天の経営への影響が生じるようなことにはなり得ない。キャピタルゲインを狙った純投資だ。楽天の株価は割安だからチャンスだと判断したのだろう。

 そもそも僕は、一党独裁という中国の国家体制に違和感があるし、ビジネス面でも基本的に距離を置いている。最後に中国での事業を考えたのも、今から10年前のことだ。

 当時、僕らは楽天市場での経験を活かし、中国国内で、アリババ(阿里巴巴)に対抗できるマーケットプレイスを作ろうと考えていた。パートナーに選んだのは、検索エンジンとして成長著しかったバイドゥ(百度)で、彼らとのジョイントベンチャーを設立したのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる