週刊文春 電子版

政権No.2 野田聖子大臣「夫は元暴力団員」を高裁が認定した【2・3判決】

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 東京高裁は2月3日、ある損害賠償請求事件の判決を言い渡した。被告は小誌。原告は野田文信氏、野田聖子地方創生相(61)の夫だ。

 政治部記者が語る。

「野田氏は無派閥ながら、昨年9月の総裁選に立候補。4人中最下位でしたが、二階派が支援に回ったと言われ、本人が思っていた以上の票数を獲得しました」

 岸田政権では地方創生相として入閣。本会議場のひな壇の席次は“ナンバー2”とされる演壇右側で、首相不在時の臨時代理も松野博一官房長官に次ぐ2位だ。少子化担当相も兼務する野田氏は、首相の目玉政策の一つ、「こども家庭庁」の設置も主導している。

閣議でも岸田首相の隣

「今でもHPでは『日本初の女性総理を目指す』を掲げています」(同前)

 現政権でも中枢を担う野田氏が次期首相に就任した場合、ファーストジェントルマンになるのが、7歳年下の夫・文信氏だ。

「岸田内閣の閣僚資産公開でトップは野田氏でしたが、文信氏が所有するハワイの別荘(約1.5億円)が資産額を押し上げました。野田氏は総裁選出馬に際しても、夫の後押しがあったことを明かしています」(同前)

 これが最高権力者の配偶者ともなれば、森友問題における安倍昭恵夫人のように、国政に大きな影響を与え得る立場となるが……。

夫の文信氏と野田氏(12年の園遊会にて)

〈野田聖子を操る元暴力団員の夫〉

 小誌が文信氏についてこう報じたのは、18年8月2日号。文信氏は事実無根だとして小誌を提訴した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる