週刊文春 電子版

沈黙の性感帯|みうらじゅん

人生エロエロ 第471回

みうら じゅん
エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 多数の火山が連なる地帯を火山帯と呼ぶ。

 しかし、若者にとって一番の関心帯は刺激によって性欲が誘発される身体部分“性感帯”であろう。

「オレはプロだから、それに乳首(ちくび)を付け加えるけどな」

 と、高校時代、クラスメイトのNは言った。

 それは何もパートナーあっての話じゃない。ロンリープレイ、要するにオナニー時に乳首を付け加えると尚更いいとの主張である。

 ま、そんなことよりNの上から目線な物言いが気になった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる