週刊文春 電子版

台本なしの一発撮りネタ番組が明かす人の「クセ」とはなにか

テレビ健康診断

てれびのスキマ
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「長いわ!」

 東野幸治がたまらず止めに入った。松本人志がコロナの濃厚接触者となり欠席した『ワイドナショー』(フジテレビ)で、モノマネ芸人のJPと原口あきまさが、松本と東野に扮してオープニングトークを約3分にわたって繰り広げたのだ。画面から目を離すとホンモノが喋っていると勘違いしてしまうほどのクオリティ。声色はもちろん、2人がいかにも言いそうなことややり取りで、その間(ま)やそれぞれのクセまで完璧にコピーしている。ホンモノの番組でホンモノの“代役”をするという、モノマネ芸人として最高の晴れ舞台を見事に勤め上げた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる