週刊文春 電子版

解決のカギは「ミンスク合意」|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第513回

池上 彰

PICKUP!

ニュース 社会 政治 国際

 ウクライナ情勢は、依然として緊迫が続いています。ウクライナを取り巻く形で、ロシアは三方向からウクライナに圧力をかけています。

 ひとつはウクライナとの国境に沿ったロシア国内。二つ目はベラルーシ国内に「ベラルーシ軍との共同演習」の名目で入った軍。三つ目は2014年に占領したクリミア半島。それぞれに軍隊を配備しています。このうちクリミア半島に向けては、ロシア海軍の強襲揚陸艦がボスポラス海峡を通って黒海に入りました。「強襲揚陸艦」という名前の通り、敵地に兵員と戦車や装甲車を送り込む船のこと。「いつでもウクライナに南部から攻撃を仕掛けることができるぞ」という姿勢を示しています。

 また、ウクライナとの国境沿いのロシア国内には、野戦病院の設営も進んでいるそうです。戦争になれば多数の負傷者が出ますからね。

 こんな様子を見ると、ロシアは本気で攻撃を仕掛ける気だと思ってしまいますが、強硬な姿勢を示すことでロシアの言い分を認めさせようとしているだけかも知れないのです。

 こうした情勢を受け、「もしロシア軍とウクライナ軍が戦ったら、どうなりますか?」という質問を受けるようになりました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月24日号

文春リークス
閉じる