週刊文春 電子版

「井伊大老の末裔」ドコモ強権社長が洩らした野望

「週刊文春」編集部
ビジネス 企業

「以前のドコモは、自由でスピード感があった。ところが、現在は井伊社長の強権に萎縮しており、『社長と副社長の考えを聞かないとわからない』と、本部長クラスとのやり取りでは何も決められなくなった」

 NTTドコモと取引のある企業の担当者はこう嘆く。

 小誌は先週号で、ドコモの井伊基之社長(63)が、毎週月曜に行われる「事業執行会議」で、システム障害などを起こした担当の部長や役員を「素人みたいな感じだ」と吊るし上げ、叱責している状況を報じた。

ドコモの井伊社長

 前出の企業担当者が語る。

「発言内容が詳細で正確だったため、社内は騒然となりました。報道後の3月14日の事業執行会議に井伊社長は欠席。幹部の一部から『記事が出たのは心無い社員のせい』との声が上がり、会議のやり方を見直すことになったそうです。携帯電話業界はスピードが命なので、以前は執行役員である本部長クラスが一定の裁量権を持ち、社長や副社長にはタイミングを見て報告していた。しかし今は役員が社長、副社長の意見も聞きに行けず、事業が停滞しています」

 井伊氏は慶大大学院から83年、旧日本電信電話公社に入社。米スタンフォード大学留学後、NTTコミュニケーションズ、NTT本体を経て05年、NTT東日本に転籍。ネットワーク事業推進本部の企画部長や設備部長を経て、16年、NTT東の副社長に就いた。

 実はこの井伊氏、徳川幕府の大老・井伊直弼の末裔でもある。NTT東時代の同僚によれば、井伊氏は酒席で自身の悲願についてこう洩らしていたという。

「NTTの本社ビルは、元々は俺の先祖の敷地だ。だから俺はトップに立つ」

 新宿区の初台駅近くにあるNTT東の本社社屋は、99年の分割前はNTT本社だった。江戸時代の古地図を見ると、確かに付近一帯は「井伊掃部頭(かもんのかみ)」の敷地である。「掃部頭」は歴代の井伊家宗家の当主が名乗った官職だ。

NTT東日本本社ビルの外壁

 さらに井伊氏はNTT東で部長職に就いた頃から、ドコモに対しても野心を覗かせていたという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月24日号

文春リークス
閉じる