週刊文春 電子版

無料公開中

“性被害映画”榊英雄監督の「性行為強要」 女優から新たな告発

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 映画

「性被害」を題材にした映画「蜜月」を監督した榊英雄氏(51)。「週刊文春」は3月10日発売号で、榊氏から「性行為を強要された」と語る4人の女優の告発を報じた。同記事の電子版が発売された9日、映画「蜜月」は公開中止が発表された。だがその後、榊氏は「記事の内容につきましては、事実であることと、事実ではない事が含まれて書かれております」とのコメントを公表。「週刊文春」の先週号の取材に対しても、4人のうち1人については「肉体関係があったことはない」と否定し、他の3人については関係を認めたものの、合意の上だった旨を主張している。

榊英雄氏(榊氏の会社のHPより)

 だが、今回、新たに3人の女優と、当時ある女優と交際していた男性の計4人から告発が寄せられた。

 そのうちの一人が女優のE子さんだ。出会いのきっかけは、友人に榊氏を紹介されたことだった。

「その友人は榊と家族ぐるみで付き合いをしていたので、安心してしまった」

 やがて、榊氏の撮影などの手伝いをするようになった。そして2016年8月、E子さんは榊氏から「短編映画の主演に起用したい。フィッティングをしよう」と誘われ、2人だけで会うことになった。居酒屋で2時間ほど過ごし、店を出ると「次、行こうか」と誘われた。向かった先はラブホテル『S』だった。E子さんが続ける。

「所属事務所には榊の紹介で入っていたので、ここで断ったらクビになるかも、色々な人に私の悪口を言われて仕事がなくなるかも、などと頭を過りました」

 結局2人でホテルに入った。体型確認のため下着姿になれ、と言われ従ったE子さんは、榊氏と距離を取り、「ここまでしかできません!」と何度も伝えた。

 そんなE子さんを榊氏は「自分は男性機能が役に立たない。妻とも長い間、していないんだ」と言って抱きしめたという。

「すごく気持ち悪かったです。どうしてもされたくなくて、ちょっと努力したらそれで帰してもらえるんじゃないかと考えて彼の性器を触り、口でしました。その瞬間はそれしか方法が思いつかなかった」

 だが次の瞬間、ベッドに放り投げられた。避妊はされなかった。何度も「絶対にしません!」と拒んだが、榊氏は止まらなかった。

「1分ほどで事が終わり、私が『コンドームしなかったですね。もうすぐ生理が始まるとは思うんですけど……』と言ったら『ちょうどよかったじゃん』と言い放ちました」

E子さんへのLINE
E子さんへのLINE

 その後、E子さんは鬱症状に陥り、療養生活を余儀なくされた。

 他の3人の告発内容も、まずは渋谷の居酒屋に誘うことや、監督としての「優越的地位」を用いていることなど、共通点が多い。

 榊氏に新たな告発について取材を申し込むと代理人の弁護士から「回答を差し控えさせていただきます」との回答があった。

 3月16日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および3月17日(木)発売の「週刊文春」では、先週号で唯一「肉体関係はなかった」と反論されたA子さんの幼馴染による新たな証言、同じく先週号で「彼女の方から近づいてきた」と榊氏に言われたC子さんの実名による反論、また新たな4人の告発内容について、報じている。

source : 週刊文春 2022年3月24日号

文春リークス
閉じる