「性加害」榊英雄監督の性暴力を新たに4人が告発する

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 社会 芸能

「性被害」を題材にした映画「蜜月」。小誌は先週号で同作の監督・榊英雄氏(51)から「性行為を強要された」と語る4人の女優の告発を報じた。同記事の電子版が発売された9日、映画は公開中止に。だがその後も小誌には次々と告発の声が寄せられている。

榊英雄氏(榊氏の会社のHPより)

 榊氏は先週号の取材に対し、4人中3人との関係を認めたうえで合意の上だと主張。榊氏から一人だけ「肉体関係があったことはない」と否定された人物がA子さんだ。実は彼女は、榊氏から性被害にあった直後、幼馴染に電話をしていた。その幼馴染に話を聞くと、2013年末のこととはいえ、衝撃の記憶は鮮明だった。

「仕事帰りに電話を受けたので時間は夜9時から10時の間だったと思います。電話を取った瞬間、声が震えていて、様子がいつもとまったく違うのに気づきました。警察に行った方がいいのかどうかという会話もした。酷く怯えていました」

 その後も相談は続いた。

「何度も泣きながら電話が来ました。『忘れたくても忘れられない。でも女優を目指しているから、誰にも話せない』と言っていました」

 さらに、前回匿名で証言したC子さんは、榊氏が「彼女の方から近づいてきて関係を持ちました」と回答したのを受けて、実名で顔も出して再度告発する、と決意した。女優でアクティビストの石川優実さんだ。榊氏にこう反論する。

石川優実さん

ベッドに放り投げられた

「携帯を見返しても明らかですが、榊氏の映画を見に行ったことをツイートしたら、彼の方から私のツイッターにダイレクトメッセージを送ってきたのがすべての始まりです。私は女優としての仕事がしたくて返事をしたのです」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 6

  • 14

  • 3

source : 週刊文春 2022年3月24日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫