週刊文春 電子版

愛子さま会見で発覚 眞子さん佳子さまの断絶

「週刊文春」編集部
ニュース 皇室

 記者の目を見ながら言葉を紡ぎ、時に両親への感謝を述べ、時に上皇の言葉を引用する様は、皇族の自覚に溢れていた。その会見は、小室圭さんとの結婚で揺れた眞子さんと佳子さまの、皇室からの“断絶”を浮き彫りに――。

 

▶︎愛子さま「できるだけ一緒に」雅子さまとの“密着”

▶︎差を生んだ 愛子さまと小室さん眞子さん「目」の違い

▶︎ダイエット騒動 愛子さま東大入院計画と車椅子

▶︎佳子さま 成年会見からあった“メディアへの敵意”

「非常に立派になられたと、感心しました。ここまで成長されたかと……。初等科時代にお会いしたときは、遠慮がちで、こちらから話しかけても黙って俯いておられた。それが会見では別人のようでした」

成年会見での愛子さま

 3月17日に成年会見に臨まれた天皇家の長女・愛子さま(20)について感慨を語るのは、学習院元初等科長の川嶋優氏。天皇の初等科時代の主管(担任)で、愛子さまとも面識のある人物だ。

 午後2時から御所「大広間」で約30分間にわたり行われた会見。愛子さまはやや緊張した面持ちながらも、微笑みを絶やさず、一言一言を噛みしめるように言葉を紡いだ。

 近年の皇室では、秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の結婚問題もあり、眞子さんと佳子さま(27)、秋篠宮家の二人のプリンセスの“おことば”に注目が集まってきた。愛子さまの初めての“肉声”から見えてきたものとは――。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる