週刊文春 電子版

北勝富士、嘉風も…日体大監督「あっせん部屋を断ると破門の掟」

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 大相撲大阪場所で初優勝した若隆景(東洋大)をはじめ、いまや幕内の約3分の1を占める大卒力士。昨今、勢力を拡大しつつあるのが、日本体育大学だ。

 日体大相撲部を2004年から率いるのは、相撲部OBでアマ横綱にもなった齋藤一雄監督(54)。統計学や映像分析を駆使する先進的な指導者として定評がある一方、理不尽な“掟”を振りかざすという。

日体大相撲部の齋藤監督

「現在、関取以下を含めれば10人以上の卒業生が角界にいるが、大半が監督の指定する相撲部屋に入門しています。もし断って自分の希望する部屋に入れば、監督から“破門”されるのです」(日体大相撲部関係者)

 実際に破門を通告された力士は、少なくとも3人いる。嘉風(元尾車部屋・現中村親方)、妙義龍(境川部屋)、北勝富士(八角部屋)だ。日体大OBの話。

「彼らは監督から元横綱の千代の富士さん(故人)が師匠を務める先代九重部屋をあっせんされた。でも入門先を自分で選んだため、監督との関係が冷え切った」

元関脇嘉風の中村親方

 中でも北勝富士は、現在も完全な絶縁状態にある。

「監督から両親の面前で破門を言い渡された。主将を務め、学生横綱のタイトルも獲得したが、最後は傷つき、卒業式にも参加せず母校を離れている。以降、大学が贈呈した化粧回しも受け取らず、相撲部の会合にも参加していない」(同前)

北勝富士

 一方、強引に進路を変えられたのが、北勝富士の同期だった千代の海だ。

「同郷で高校の先輩でもある豊ノ島(現井筒親方)に憧れていた千代の海は、彼のいる時津風部屋への入門が内定していた。ところが、北勝富士の代わりに急遽、九重部屋に入門することに。本人は『監督命令だったんです……』と、泣きながら豊ノ島に報告を入れました」(時津風部屋関係者)

千代の海

 今年は日体大から3人がプロ入りする予定だが、

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月7日号

文春リークス
閉じる